キャッシュフローコーチになりたい方へ

キャッシュフローコーチになりたい方へ

3.キャッシュフローコーチの成果の声

3.キャッシュフローコーチの成果の声キャッシュフローコーチの成果の声

「あり方」が進化し、人生が好転しました。「あり方」が進化し、人生が好転しました。

東京1期生
photo
クマコンサルティング株式会社
熊澤 斉 さん

キャッシュフローコーチ養成塾受講期間中に200万円の売り上げを達成。自分の「あり方」が進化したことで人生が大きく好転しました。和仁 達也先生や同じ志をもつ仲間と共にキャッシュフローコーチという”新たな職業”を創造する大きなビジョンの達成に熱意をもって取り組んでいます。

image
クライアントの本業の発展に貢献したいともやもやしていましたクライアントの本業の発展に貢献したいともやもやしていました
キャッシュフローコーチ養成塾を受講する前は
どんなお困りごとがありましたか?
photo

会計事務所は
決算書を作成したり、
きちっと税金を計算したり、
税務のアドバイスをしたり、
資金繰りを考えたり・・・

等々が仕事ですが、

クライアントの経営全般を見た時、
また社長のお困りごとに多い「お金」と
「人」のことを考えた時に

「会計事務所が提供するサービス」と「中小企業の社長が求めているサービス」
との間にギャップがあるのではないか?と、モヤモヤしていました。

つまり

●「会計事務所が行うサービスだけで経営上の問題が解決できているのだろうか?」
●「本当にクライアントに満足してもらっているのだろうか?」
●「クライアントの本業発展に貢献できているのだろうか?」

ということについて悩んでいました。

自分の「あり方」が定まりセルフイメージが高まりました!自分の「あり方」が定まりセルフイメージが高まりました!
キャッシュフローコーチ養成塾を受講して
どのような成果がありましたか?

■ 経済的成果

養成塾中に年間の顧問契約ベースで200万円受注できました。

税務顧問をしていたクライアントにキャッシュフローコーチ契約を
プラスで提案し、年間売り上げを200万円アップすることができました。

勤務している会計事務所とは別にコンサル会社をたちあげ、
キャッシュフローコーチとして活動しています。

photo

■ 非経済的成果

自分のセルフイメージが高まりました。

キャッシュフローコーチ養成塾の
環境がすごく素晴らしいです。

塾生は成長意欲が高い人が多く、
同じ塾で学んでいるので仲間と
同じ言葉の定義
(共通言語)をもつことができます。

言葉の定義が同じなので、
意思疎通がスムーズにできます。

そういう仲間がいる環境に入れば、自分の能力に関係なく、
周りの環境の力で自分をさらなる高みに連れていってもらうことができます。

この感覚を味わえたことが、
キャッシュフローコーチ養成塾に入って一番よかったことです。

卒塾生が集まるキャッシュフローコーチ協会も意識の高い仲間が集まる環境なので、
養成塾終了後も継続して協会活動に積極的に参加しています。

社長のビジョンや理念を言語化し方向を定めました社長のビジョンや理念を言語化し方向を定めました
顧問先の事例

ご自分の経験とカンで経営判断していた社長が
経営数字が見れるようになったことで、
根拠のある経営判断ができるようになりました。

会社のビジョンや理念を作ることが大事だとわかっているけど、
作り方がわからないという社長がおられたので、

僕が一緒に、ビジョンや理念を作るお手伝いをしました。

社長から「自分のビジョン、理念が明確になってよかった」
と喜んで頂きました。

社長の想いを明確にすることができたので、
社長の想いを社員さんと共有するお手伝いをこれからします。

社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレを解消できてない
会社が多いです。

photo

新しい試みとして社員研修の
ファシリテーター契約を
受注しました。

会議では僕が
ファシリテーターとして
社長と社員の
立場の違いからくる
ギャップを埋めるために
社長の想いをお伝えしたり、
社員の価値観を引き出して
全員で共有する場にします。

MVPコンテストで“あり方進化大賞”を受賞しましたMVPコンテストで“あり方進化大賞”を受賞しました
お困りごとを解決する為に
何かしていた事はありますか?

自分の困りごとを解決するために、とくに行動はしていませんでした。

それまでは自己投資はぜんぜんしていなくて、
作業をしている仕事をこなしている、という感じでした。

こういう世界があることに気がついてなかったので、
困っていることに気がついていませんでした。

結果が出た!成果が出た!
要因は何だと思いますか?
photo

僕のセルフイメージが高まり、
「あり方」が変わったことが
成果が出た一番の要因です。

私たちは
「何をやるか」という
「やり方」の前に
「どうありたいか」という
「あり方」を大事にしています。

僕はキャッシュフローコーチ養成塾の
環境に飛び込んで「あり方」を変えることができました。

photo

キャッシュフローコーチ協会で、
昨年(2016年)秋に、
第1回MVPコンテストが開催されました。

このMVPコンテストは全国123名の
キャッシュフローコーチ®から選ばれた
6名がプレゼンをし、
当日の参加者160名が最も実践し
成果をあげた最強の1名を選ぶ!
というイベントです。

MVPとは別に副賞で3賞というのがあり、
僕は「あり方進化大賞」を
受賞することができました。

和仁先生が言われる「あり方」が養成塾に入る前と比べて
ものすごく進化した人に贈られる賞です。

まあ、平たく言えば「最も人生変わっちゃった人」に贈られる賞です。

キャッシュフローコーチ養成塾の学びを実践した結果、僕の「あり方」が
進化したので、受賞に繋がりました。

僕の嫁さんは僕を一番客観的に見てくれる人ですが、その嫁さんから
「あなた、めっちゃ変わったよね。 人間が」と言われました(笑)

どう変わったか聞いてみますと、

「まず、仕事が楽しそうよね。そして人間らしくなったよね」

と言われました。

今までのオレはなんなんだと思いましたが、より人間ぽくなったらしいです。

これもやっぱり、
キャッシュフローコーチ養成塾とか強化研修会に積極的に参加したことで、
僕の「あり方」が変わったからそういう評価を
妻からもらったのかなと思いました。

和仁先生の双方向でわかりやすいセミナーに衝撃を受けました和仁先生の双方向でわかりやすいセミナーに衝撃を受けました
他にも同じようなサービスがある中、
何が決め手でキャッシュフローコーチ養成塾を
選ばれたのですか?

勤務先の会計事務所が
三井住友海上あいおい生命さんの代理店をしていていましたので、
三井住友海上あいおい生命さんから「こういうセミナーがありますよ」と
案内があり、キャッシュフローコーチ養成塾のプレセミナーに参加しました。

プレセミナーに参加してまず感じたことは、和仁先生は
「とてもわかりやすく表現しているなぁ」ということでした。

今まで、税務セミナーや会計セミナーなど、
いわゆる情報を知るセミナーにはよく参加していました。

photo

和仁先生のような、ワーク形式の双方向で
やるセミナーに参加したのは初めてで、
こういうセミナーのやり方もあるんだ、
和仁先生はすごい人だなぁと衝撃を受けました。

それで入塾を決めました。

高額の自己投資は初めてでした高額の自己投資は初めてでした
キャッシュフローコーチ養成塾を利用する前に
少しでも不安だった事や躊躇してしまう事は?

キャッシュフローコーチ養成塾を受講するまで
こんな高額の自己投資をしたことがありませんでした。

プレセミナーに行って、養成塾の参加費が高額だったので、
どうしようかなと思いました。

高額セミナーとか塾とかに行ったことがなかったので
高額塾を受講する感覚がわかりませんでした。

受講料を回収できるかどうかは考えていませんでしたが、
ただ単に「高いなぁ」と感じていました。

締め切りぎりぎりになって
三井住友海上あいおい生命さんから

photo

「もうまもなく養成塾の
 
受付を締め切ります」

というメールがきました。

その時に
「やっぱりこの塾に参加しよう!」
と思って申し込みをしました。

セルフイメージを保ちさらに上げるためセルフイメージを保ちさらに上げるため
協会のイベントや強化研修会に
参加されている理由は?

モチベーションを保ち、セルフイメージを高めるために
協会の活動や強化研修会に積極的に参加しています。

やり方を学ぶのも大事ですが、

キャッシュフローコーチ協会の環境にどっぷりと浸かり、
和仁先生にふれる、同じ志を持った仲間にふれる

そういうシーンをふやすことによって自分をさらに高めることができています。

photo
photo
MessageMessage

キャッシュフローコーチ養成塾のお勧めポイントは二つあります。

【1】学んで、そのままやれば必ず成果のでる再現性の高いノウハウ

和仁先生のコンテンツは再現性が高いノウハウなので
これを学んでそのままやれば成果がでるということはお約束します。

【2】ノウハウが仕入れられるだけでなく、
ビジネスパーソンとしての「あり方」も教えてくれる

これが本当に僕がよかったと思うことです。
キャッシュフローコーチのノウハウや営業のやり方も、
もちろん学べるのですが、

ビジネスパーソンとして「あり方」、
「あり方」というとすごく抽象的なんですけど、

例えば、安心・安全・ポジティブな場を作ることは
キャッシュフローコーチとしての仕事だけでなく、
人にお会いする時も、社内で会議をする時もとても重要なこと

などを学ぶことが出来ます。

人として成長するためのノウハウも仕入れられるので、
最初は高いと思われるかもしれませんが、お買い得な塾です。

photo

キャッシュフローコーチ協会の
活動に関わるのは
楽しいです。

「協会活動ってなんですか」
と和仁先生に聞くと
「趣味です」
という答えが返ってきました。

僕も本当にそうだなと思いました。趣味は楽しいからやりますよね。

僕もこの協会の活動を趣味としてやっているんですけど、
いいところは趣味と実益を兼ねられるところです。

協会活動をすると自分の
コンサル力があがるので、結果的に自分のプラスになります。

将来、キャッシュフローコーチという職業が
子ども達のなりたい職業ランキングにランクインすると思います。

キャッシュフローコーチ協会に関わることで、
新しい職業の立ち上げに関われるという
素晴らしい経験をさせてもらっています。
新しい職業の創造に向けての活動はとてもやりがいがあります。

会計業界は人工知能(AI)によりいずれ無くなると言われています。

数字を使ってお客様の本業の発展に貢献できる職業、
キャッシュフローコーチのノウハウを、
早いうちから学ばれることをお勧めします。

お客様のお困りごとの解決やビジョン達成の支援は、
人工知能(AI)ではなく、人間しかできないと考えられます。

人工知能(AI)の発達で無くなる仕事に士業が入っています。
私はこのままやっていていると人工知能(AI)の発達で仕事がなくなり、
まずいなという危機感がありました。

もともと会計の人間は数字に強いので
数字を使ってお客さんの本業を支援する
キャッシュフローコーチととても相性がいいです。

キャッシュフローコーチのノウハウを今のうちから学んでおくと、

将来人口知能(AI)の時代が来ても、ぜんぜん大丈夫です。

photo

人工知能(AI)ではなくて、
人間にしかできない仕事、
それがまさに
キャッシュフローコーチです。

早くキャッシュフローコーチの
「やり方」や「あり方」学んで、
来たるべき時代の変化に
備えられることをお勧めします。

top

top