Report:協会活動レポート

協会活動レポート

photo
2016.1.29 強化研修会 in 大阪

2016.01.29

photo
約50名のCFコーチが全国各地から
大阪に集結!

みなさま、こんにちは!
協会活動レポートプロジェクトの熊澤です。

今回は2016.1.29に大阪で行われた強化研修会
「CFコーチ★メニューライブラリー
 ~コンテンツのバリエーション~」
の内容をレポートします。

今回の強化研修会から、東京2期と大阪2期を
卒業したCFコーチが新たに参加し
これまでの人数が倍、約50名規模の強化研修会となりました。

成果事例インタビュー発表者は大阪2期MVP生岡さん
photo
生岡さんの登場でCFコーチ協会に爽やかな風が吹きました(笑)

研修会に入る前に、まずは成果事例インタビュー!

今回のインタビュアーは、大阪1期の伊藤さん。
成果事例発表は、大阪2期のMVPの生岡さん。
生岡さんは養成塾中に独立し、
なんと新規の顧問先数29社うちCFコーチ契約を
4社獲得と驚異的な成果を挙げています。

インタビューを聞いていて私がすごいな!と感じたのは

「私は養成塾に勉強しにきたのではなく成果を出すためにきました。
なので成果を出すために必要があるなら勉強します。」

というくだり。か、かっこいい(笑)。
入塾前から「アウトプットが先、インプットが後」を実践していて
さすがMVPですね!

日本CFコーチ協会の2016アクションプランの発表
photo
本邦初公開!2016アクションプラン

続いて和仁先生より、日本CFコーチ協会の
2016アクションプランの発表がありました。

1つ目は「1月と7月の強化研修会は、
会員主催型で全国各地で開催」

「自立性」と「主体性」
大切にする日本CFコーチ協会は、
CFコーチ自らがチームを組んで
強化研修会を企画し集客し開催します。
そして同時に「幹事力」も鍛えられます。

いずれ北海道や沖縄で開催されたら
半分学び半分レジャーの最高の強化研修会になりますね!
飲み食い遊びがメインになりそうな気がしますが…(笑)。

2つ目は「11.23に第1回MVPコンテストを開催」

1年の締めくくりに「最高のアウトプット先」として
このMVPコンテストという場を用意してくれました。

そしてMVP受賞者にはなんと「チャンピオンベルト」を贈呈!
プロレスの世界観を取り入れている日本CFコーチ協会ならではの企画ですね。
ん?和仁先生の個人的な趣味かも?(笑)

さあ、栄えある第1回MVPコンテストのチャンピオンベルトは誰の手に!?

日本CFコーチ協会の推進サポーターの登場!
photo
抜筋骨のワークで力を抜いてリフレッシュ!

1人目は、コミュニティーアドバイザーの坂本さん。

坂本さんは太極拳の世界大会のトリプルメダリストで
心と体と思考のバランスを整える専門家。

研修会で脳に汗をかいた後に
抜筋骨(ばっきんこつ)という
体を使うワークでリフレッシュ。
私の事務所では毎朝全員で抜筋骨やっているんですよ!

2人目は、M1グランプリのセミファイナリストで
ウケる先生業プロデューサーの三好さん。

photo
会場は大爆笑!さすが元お笑い芸人!

日本CFコーチ協会のメンバーは
「かっこよくて笑いのあるメンバーでありたい」
という和仁先生の想いのもと
今回、お笑いの専門家の三好さんに
参加して頂きました。

フリ→オチ→フォローの順で自己紹介を組み立てる
「V字の法則話法」は、とても勉強になりましたね。

お笑いって、ノリでやっているのではなく
ちゃんと理論があるのですね(笑)。

CFコーチの向こう側の可能性を感じた研修会
photo
17年のコンサルで作り上げた
コンテンツ事例を大公開!

そして本日のメインイベントは和仁先生による講義
「CFコーチ★メニューライブラリー
 ~コンテンツのバリエーション~」

「1年もしないうちにネタが尽きるのでは?」
  という不安。
やることがなくなる不安から、
  日々のコンサルでイマイチ出し切れていない
  (出し惜しみしている)感がある。

こんなお困りごとを抱えているCFコーチに
和仁先生が17年のコンサルで作り上げたコンテンツ事例を大公開!

■ 幹部リーダーミーティング
■ 社員向けお金の勉強会のシリーズ化
■ 営業スキルアップミーティング

などなど9つのコンテンツを出し惜しみなく披露してくれました。

photo
日本CFコーチ協会のホームページを使った営業方法もレクチャー!

今では絶対にこういう提案書は作らないと
お話しされていた和仁先生が独立当初作った
クライアントへの提案書も公開してくれました。

そんな提案書でも、ちゃんと契約は取れたそうです。
それは何故でしょうか?

当時から「お困りごと」「ビジョン」
アプローチするという
本質をちゃんと捉えていたからです。

今後200人、500人、1000人と加速度的に増えるCFコーチが
常に「お困りごと」と「ビジョン」にフォーカスすることで
一体いくつのコンテンツが出来上がっていくのでしょうか?
と考えると、とてもワクワクした研修会になりました。

CFコーチの向こう側の可能性は無限大ですね!

<文責> 東京1期 熊澤斉

top