コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

日本CFコーチ協会★ビジョンへの道

役職手当の本質とは? チャンピオンベルト理論

393

2018.10.30 執筆者:熊澤 斉

キャッシュフローコーチの熊澤です。

一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会主催の第1回MVPコンテストでお披露目された

「チャンピオンベルト理論」

これは、代表理事の和仁達也がプロレスから発想を得た理論です。

今回は、このチャンピオンベルト理論についてお伝えしたいと思います。

一般的には、会社組織において「役職についたら給料が上がる」と考える人もいますが現実はそうとも限りません。

「役職についてその立場を活かして成果を上げた時給料が上がる」

のです。

これをわかりやすく証明した事例がプロレスの世界観にあります。

歴史が浅く認知度が低かった王座のベルトを獲得したあるレスラーが「自分がベルトの価値を引き上げる」と宣言し有言実行で誰にも真似できない素晴らしい戦いを連発。

観客を熱狂させベルトの価値を高めていった結果プロレスの興業で最大規模の東京ドーム大会のメインイベントに押し上げたというものです。

そのレスラーにはきっと会社から高額な報酬をもらったことでしょう。会社に大きく貢献していますから。

つまり

「ベルトを獲ったから、報酬が上がる」
(役職についたから、給料が上がる)

のではなく、

「ベルトを獲って、成果を出したから、報酬が上がる」
(役職について、成果を出したから、給料が上がる)

ということです。

和仁達也がプロレスの世界観に共感してこの事例をもとにわかりやすく説明したのがこの「チャンピオンベルト理論」なのです。
(この動画は文末から観れます)

「ビジネスで必要なことは、プロレスから学んだ」

と、熱く語る和仁達也。

プロレスの世界観を表現するのに最もふさわしい会場プロレスの聖地・後楽園ホールで2018年11月26日第3回MVPコンテスト2018を開催します。

後楽園ホールという非日常な「空間」でしか聞けない選ばれた6人のプレゼンテーションと和仁達也の特別講演。

2018年11月26日は後楽園ホールでワクワク感動する1日を堪能し一緒に新たな学びの場を創造しませんか?

第3回MVPコンテスト2018in後楽園ホール詳細とお申し込みはこちら。

和仁達也が語る「チャンピオンベルト理論」動画はこちら。

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
393
  • 熊澤 斉

    クマコンサルティング株式会社代表取締役、塚本会計事務所副所長
    キャッシュフローコーチ、理念実現パートナー
    「税務会計」「融資」「キャッシュフロー経営」「経営理念」の4つの軸で、クライアントの経営の全体最適化を通して、家業から企業への変容に導き、社長と社員が本当にやりたいことを実現させることをミッションとして掲げ、経営コンサルティング活動を行っている。