コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

社員を巻き込みビジョンを実現する キャッシュフロー経営って?

会社の借入金はいくらまでしていいのか?何年で完済できるか、をまず考えよう

4,027

2019.05.29 執筆者:和仁 達也

 

会社経営をしていると、設備投資や新規事業の立ち上げ資金などで
銀行から借り入れをすることがあります。

そのとき、どんな基準で借り入れをすればいいのでしょうか。
いずれは必ず返すものだし、借りた分だけ金利負担も
大きくなるので、過剰な借り入れは避けたいところです。

そこでこの記事では、経営者があとで後悔しないための、
納得の借り入れの仕方についてお伝えしていきます。

以前の記事で、
【ドンブリ経営から脱出するために3つのキーワードがある】
というお話をしましたね。覚えていますか?

「え~っと、それは確か、
① お金に目的別に色をつける
② お金の入りと出のバランスを考える
③ 逆算思考で目標を決める
ということでしたよね」

関連記事

会社の倒産を回避する為のお金とのつきあい方2つのコツ

そうです。そして以前の記事で
②お金の入りと出のバランスを考える」という基軸で、労働分配率の話をしました。

 

つまり、粗利という「入り」に対して、
人件費という「出」がどれだけあるか、を把握しよう、

そして、それが果たしてバランスがとれているかを
チェックしようという話でした。

これからはこの「②お金の入りと出のバランスを考える」
という基軸にもとづいて、もう1つの重要なお話をします。

それは、借金はいくらまでならOKなのか、についてです。

みなさんは、自社の借金が、過大なのか、適切なのか、
少ないほうなのか、と問われたら、どう返答しますか?

「私はいつも資金繰りに追われている感覚があるので、
きっと借金が多すぎると思います」

「私は銀行にもっと貸してくれと言えば貸してくれるので、
きっと借金は少ないほうなんじゃないかな」

なるほど、いろいろな解釈のしかたがあるようですね。

では、それらは本当に自分なりに納得できる程の
根拠になっているでしょうか?

「いや~、感覚的な判断なので、借金が多いにせよ、
少ないにせよ、いくらまでが妥当なのか、よくわかりません」

「私だって、銀行が貸してくれるといっても、
なぜ貸してくれるのかわからないし、
いつ銀行がソッポを向くかもわからないので、不安です。」

わかりました。それでは、自社の収支構造に照らし合わせた
借金の適正額を見極める方法をお伝えしましょう。

 

借金は寄付ではない! いつになったら返し終わるの?

借金の金利の支払いは経費ですが、
元本返済は経費ではありません。

したがって、税金を払った後でないと
借金を返済することはできません。

つまり、返済は本業のキャッシュフロー(以下、本業CF)
からなされます。

本業CFとは、税引後利益に減価償却費を繰り戻したものです。

よって、年間の本業CFと年間の返済額の関係は、

年間の本業CF > 年間の返済額

となる必要があります。そうでないと、
入りと出のバランスが崩れることになりますからね。

入りよりも出が大きい場合、
貯蓄を取り崩して返済にあてているか、
返済するために新たに借金をする、
というおかしな構図になっているはずです。

「私の会社も入りより出のほうが大きいのですが、
親が資産家なので、親から借りて銀行の借金は返済しています」

う~ん、親から借りて返済をしているとしても、
それも「借りて返す」構図には変わりありませんよ。

実力で返済できる状態を目指すのなら、
それで安心するのはいかがなものでしょうか。

また、もう1つチェックしておきたいことがあります。

それは、
今の借金の総額が、年間の本業CFの
何倍(何年分)になっているか、です。

つまり、次の割り算を考えましょう。

借金の総額÷年間の本業CF = 何倍?(何年分?)

もし10倍なら、今の利益を維持し続けた場合、
10年で完済できる収益力がある、ということです。

もし30倍なら30年かかるはずです。

「うわっ、私の会社は50年もかかる計算になりますよ!
そんな年まで仕事をしているとは思えないんですが……」

それは、あくまで今の収入をずっと維持した場合の話ですから、
今後、利益が上がっていくような対策を打てば、
もちろん返済期間は縮まりますよ。

逆に利益が下がっていくようだと、
返済により長い期間がかかることになります。

当たり前の話ですが、借金は寄付とは違います。
いずれは全額返さなければなりません。

しかも、ただ返すわけではありません。
利息を乗せて返さないといけないのです。

借りるときはそこまで考えて借りてください。

この計算をすると、たまに
「100年かかっても返せない借金」
をしている人がいたりします。

「孫の代まで借金を相続させるつもりかな?」と心配になります。

みなさんの会社はいかがですか?

本業のCFは、年間の返済予定額を上回っているだろうか?
借入金は、本業のCFの何倍になっているだろうか?

 

銀行を儲けさせるために働きたいですか?

借金をする際に必ず考えておくべきこと。

1つは借りた元本は必ず返すということ。
そして、もう1つは利息の負担です。

おさらいになりますが、
借金の元本は税引後の利益から支払います。

一方、利息は経費(固定費)として支払います。

よって、利息が多ければ多いほど、利益は圧迫されます。
利益が減ると、その分、借金の返済原資がなくなるので、
借金をし続ける期間が長くなります。

借金をしている間は利息が発生するので、
生涯コストとしては膨大な費用を払っていることになります。

下手をすると、
利息を支払うだけで精一杯で、
返済はいつまでたっても終わらない、
なんて悲惨な状態になりかねません。

その状態を
「銀行を儲けさせるために働いている」
と私は呼んでいます。

2%前後で借りられる低金利時代の今のうちは、
さほど気にならないかもしれません。

しかし、将来的に利率が今の2倍、3倍になった
ときのことを想像してみてください。

単純に借金の額が今と同じであれば、
利息の額が2倍、3倍になるということです。

仮に1億円の借金があって、年間200万円の利息を
払っていた会社は、利率が2倍になっただけで
一気に利息が400万円になるのです。

その差額分の200万円分、一気に利益が目減りするのです。

200万円の利益を作るためにどれだけの努力が必要か、
ちょっと考えてみてくださいね。

そこで、年間粗利と比べて何%の借金をしているか、
というモノサシを持っておくと参考になります。

これはもちろん少ないほどよいですが、当面の目標として、
借金の上限を年間粗利の80%以下に抑えることを
目指してください。

なぜか?その考え方をご説明しましょう。

仮に今、みなさんの会社が粗利に対して
3%の利益を生んでいるとしましょう。

そして、その年間粗利と同額の借金をしていて、
その金利が3%だとしたら、どうなるでしょうか?

利益がすべて利息で吹っ飛ぶということです。

もし粗利の200%の借金をしていたら、
粗利に対して6%の利益を生んでいたとしても、
3%の金利で利益が帳消しになるのです。

わたしは多くの会社の決算書を見る中で、
同じ利益を生み出すために、借金の大きさ故に
2倍、3倍の仕事をしなければならない会社を
見ることがあります。

それでは、誰のために仕事をしているのかわかりません。

みなさんは自分のために働きますか?
それとも、銀行のために働きますか?

追伸、
「納得の借入金の判断」をするには、
会社のお金の流れの全体図を把握しておくと、有利です。
その際は以前のこちら↓の記事が参考になります。

「たった1枚の図で会社のお金の流れはすべてわかる!お金のブロックパズルとは?

会社の借金はいくらまでして良いのか?有事の時の考え方を解説

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
4,027
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >