コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のコミュニケーションギャップを解消するコミュニケーション術

質問したのに質問の答えがズレて返ってくる人の対処法

4,590

2018.08.02 執筆者:和仁 達也

知りたいことがあって質問するのに、いつも質問した内容に対して答えがずれている。

こちらが求めた回答とは違う。

そんなことが日常茶飯事のように起こります。

得たい答えが返ってこないので、質問してもいつも消化不良になってしまう。

このような人は意外に多いのではないでしょうか?

漠然と聞けば、漠然とした答え。 具体的に聞けば、具体的な答えが返ってきます。

人に相談するときに、ちゃんと自分が知りたい答えを得られる人と、「分かったような分からなかったような」中途半端な答えしか得られない人がいます。

その2人の違いは、いったい何でしょう?

「それは、聞いた相手のレベルが違うんじゃないですか?」

たしかにそれもあるかも知れません。相談する相手をちゃんと選ぶことは大切です。

それでは、今度は「質問をするあなた自身が工夫できること」も考えてみましょう。

たとえば、あなたの周りにいませんか?常に的確に必要な情報を回りの人から得て、吸収し、成長するタイプ。そして、反対に上手く聞き出せず、要領を得ない答えしかもらえず、結局自分ひとりで考え込むパターンにはまるタイプ。

後者の人に共通する特徴があります。それは、
ということです。

質問の意図がぼやけているというのは、質問者自身が「何を聞きたいのか」はっきりしていないということです。つまり、質問者に明確な狙いや戦略がなく、ただ思いつきで質問をしていると、こういうことが起こります。

これを防ぐためには、具体的な問いかけをすると良いです。私は会議の運営で誰かに質問をするときなどは「相手が誤解のしようがない表現で質問をしよう」と心がけています。
例えば「田中さん、先月は営業の調子はどうでしたか?」ではなく、「田中さん、先月の営業活動で、訪問件数と受注件数の目標達成度はそれぞれ何%でしたか?」というように。

1つめの質問だと、聞かれた方もどう答えて良いか分からないので「いまいちでした」とか「頑張りました」というような抽象的な返答になります。

しかし、2つ目の質問なら「訪問件数は100%で受注件数は70%でした。最後の詰めが甘かったです。」という具体的な返事が期待できます。

あなたが欲しい答えから逆算して、具体的な質問を考えることに挑戦してはいかがでしょうか。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎上司の曖昧な指示でもやり直しの手間が減る仕事の受け方とは?

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
4,590
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >