コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

【和仁達也流・生産性の高まる仕事の仕方】とは?

1,172

2018.11.19 執筆者:いのくちゆうすけ

※この記事は、日本キャッシュフローコーチ協会の会員限定のfacebookグループへの投稿の中で、お役に立ちそうなものをピックアップしてご紹介しています。

和仁先生の仕事の仕方のシェア

先日、MVPコンテスト熱海合宿に行ってきました。

私は運がいいことに、和仁先生の隣の席・アリーナ席に座ることができ、会議に参加している和仁先生の仕事方法を、盗み見することに成功しました!

その報告をさせて頂きます(^o^)
(和仁先生の許可を頂いておりますのでご安心ください。)

和仁先生の仕事の仕方の一つに、抽象度高い表現ですが、

「忘れられるようにすることで、目の前のことに集中出来る」

このようなことを意識しているそうです。

3つの具体的な手法

①A3ノート

会議におけるその議題のメモは、A3ノート見開きにとることで、アイデアや決定事項を記載していました。

その書き方はマインドマップを活用していました。

広いノートで全体を一目で俯瞰出来ることが、先生のアイデアの源泉に感じました。

②付箋の活用

会議中に、ふと思い出した別なビジネスアイデアは、付箋に書く記すことで、アイデアを逃すことなく、目の前の会議に集中できます。

③着手の早さ

和仁先生が圧倒的な早さと精度が高い理由の一つである、「着手が早い」瞬間を垣間見ました。

MVPコンテスト案内動画を撮り終わった瞬間に、動画確認をしていました。

僕であれば、帰りの電車など「あとで」やってしまうことを、「すぐに」取り組まれていました。

今後集客でも使うPR動画を、チェックすることで、この後の拡散のタイミングが早くなります。

その場で処理をすることで、気掛かりをなくし、目の前のことに集中できると教えてくださいました。

「忘れられるようにすることで、目の前のことに集中出来る」

これが和仁先生がたくさんのプロジェクトを、こなしている秘訣の1つかと思いました。

今日も素敵な1日を。

先生の隣はとても緊張しましたが、肌感覚で仕事の仕方を学ばせて頂きました。

キャッシュフローコーチにご興味ある方はこちらをご覧ください。

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
1,172
  • いのくちゆうすけ

    海外生活などの様々な経験を活かし、『現実を理想に近づける、理念実現パートナー』として、使命を探す水先案内人として活動中。「在り方」を明確に言語化することで、経営者や社員が、輝きながらお金を稼げる舞台を創ることを使命としている。日本キャッシュフローコーチ協会のビジョン「新しい職業の創造」に共感し、自分サイズのアウトプットで日々奮闘中。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >