コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のギャップを解消する コミュニケーション術

ミーティングが盛り上がらない理由は、いきなり発言を促すから

143

2018.08.10 執筆者:和仁 達也

院内のコミュニケーションを円滑にする手段として、ミーティングを開いている医院があります。院長の考えを伝えたり、スタッフが困っていることを聞き出して改善策を打つためにとても大切なことです。

しかし、1つ問題があります。それは、院長が発言を促しても「誰からもちっとも発言が出なくて、ミーティングが盛り上がらない」ということです。

院長「この件について、誰か改善案はあるかな?」
スタッフ一同「・・・。」

しばらく待っても、部屋の中では重い沈黙が続く。それに耐え切れなくなった院長が、業を煮やしてしゃべりだす。そしてスタッフはそれを受身的に聞くだけに終わる。それが続くと、院長の独演会に変わります。

そしてミーティングの効果が得られなくなって、いつの間にかミーティング自体が自然消滅してしまう。そしてそのとき、院長は残念そうにつぶやくのです。

「ウチの医院のスタッフは、全然考えてくれない」と。

そんなケースは少なくありません。
あなたの医院はいかがですか?

なぜ、そのような沈黙が出来るのでしょうか。

実はスタッフにやる気がないからではありません。何を話していいかがわからないだけなのです。
問題提起をして、いきなり発言させても答えられない人もいるのです。むしろそういう人のほうが多いかも知れません。

そこで、1つ簡単なアイデアがあります。それは、「まず紙に書かせる時間をとる」ということ。ミーティングのときに、たとえば次のように促します。

「治療途中で来院しなくなる患者さんを防止するために、何ができるか、思いついたことを紙に書き出してみてください。時間を5分とるから、その後に1人ずつ書いたことを聞かせてね
このように、発言の前に紙を書くことを通して「自己との対話」をさせることで、安心して発言ができるようになります。また、時間制限があることで集中して考えます。お試しください。

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
143
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。