コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

日本CFコーチ協会★ビジョンへの道

中小企業診断士がキャッシュフローコーチで可能性を最大化した事例

577

2019.12.26 執筆者:和仁 達也

日本キャッシュフローコーチ協会には、
現在500人近いメンバーがいて、税理士や社労士など、
様々な士業の方も所属しています。

その中でもこのところ、中小企業診断士の方の参加も
目立ち始めました。

中でも、昨年入塾した仲光和之さんは、当時

「中小企業診断士として独立して、
当面の仕事はありましたが、将来的にどうやって
事業を成り立たせるか不安がありました」

「自分の強みや売りを活かしながら、
熱意をもって取り組める商品を検討していました」

とのこと。

そして、1年後の今は全国の商工会議所から講師依頼を得られる状況。

その秘訣は、
「養成塾での学びや、協会での仲間との関わりの中にある」
とのこと。

彼が、一体どのように自身の活躍の幅を広げていったのか?

キャッシュフローコーチや協会というコミュニティを
どう活用しているのか?

がリアルに伝わるすばらしい取材レポートを、
キャッシュフローコーチの金子文さんが書いてくれました。

協会の柱に「自立性と主体性の発揮」があり、
その土台には、「楽しく、学び、つながれる」場があります。

わたしなりに思うのは、仲光さんはその活かし方が
絶妙なんじゃないか、と。

とりわけ、中小企業診断士はじめ士業で独立を志す人には
参考になりますよ(^^)

金子文さんが取材して執筆してくれたレポートはこちらです・

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
577
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。