コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

人にお願いをする時に大切な2つのこと

152

2019.03.05 執筆者:和仁 達也

 

人にお願いごとをするのは、誰でも多かれ少なかれ、
抵抗感があるものです。

「断られたらどうしよう」

「負担をかけて申し訳ないな」

「そもそも、こんなお願いをできる関係だろうか?」

など、様々な思いが脳裏をよぎるからです。

そんなときに、お願いごとに嫌な顔をされず
喜んで引き受けてもらうために、
お願いをする側として
考えておきたいことが2つあります。

 

それは、

「どうすれば相手(協力者)の負担を最小限にできるか?」

そして

「それによって、多少なりとも協力者にも
メリットを提供できるとしたら、なにか?」

の2つです。

 

以前、わたしは新刊のキャンペーン用プレゼントとして、

「社員の年収を100万円アップした
社長のインタビュー音声を7人分用意する」

という緊急課題に直面しました。

出版まで期間が2週間しかなく、
すでにコンサルやセミナーの予定がぎっしり埋まっている中で、

「誰に相談をするか?」、

また

「どうやって日程調整をし、インタビューを完了するか?」

を考えるのと同時に、上の2つの質問を考えました。

 

まず、
「協力者の負担を最小限にする」ために、

①余計な時間をとらせないよう、対面ではなく電話で行う

②簡単な打ち合わせも込みで、
インタビューを20分で完了させる

③前もって趣旨と4つの質問を箇条書きにして
メールで伝え、考えを整理しておいてもらう

という方針を決め、その段取りをおこないました。

 

次に、

「それによって多少なりとも協力者にメリットを提供する」
ために、

①その音声ファイルを(他の6人の社長の音声ファイルとあわせて)
協力者の会社の社員に聞かせる教育ツールとしても
使えるよう、データで提供する

②全国の本の読者に広く聞かれることで、
多少なりとも宣伝になる(といいな!)

の2つを考えました。

 

結果的に協力のお願いをした7人はみなさん
快諾してくださり、無事キャンペーンを
成功に終えることができました。(本当にありがとうございます!)

断られる恐怖が先にくると、前進できません。

そんなときは、

「お願いをする側なりに、どんな配慮ができるか?」

を考えることで、勇気を出してお願いができたりします。

改めて、協力いただいたみなさん、
この場を借りてお礼を申し上げます。

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
152
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。