コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のギャップを解消する コミュニケーション術

アドバイスをしたのに聞き入れらない場合は「私はこう感じました」はストレートに届く!

108

2018.08.01 執筆者:和仁 達也

せっかくアドバイスをしたのに、相手は不満そうな顔をしている。

妻が意見を求めてきたから、アドバイスをしてあげたのに、なぜか妻は怒ってしまった。

ちゃんと正論でアドバイスをしているはずなのに、いつも相手は聞き入れてくれない。

このように、仕事の現場や、家庭でも「せっかくアドバイスをしたのに受け入れてくれない」ことはあるのではないでしょうか?

その時、あなたは

「せっかくうまく行くようにアドバイスをしたのに…」

と思っていますよね?

しかし、実際は、相手はまともに聞いてくれない場合が多い。

その理由は、「あなたがどう感じているか?」と言う部分を伝えずにいるからです。

相手に自分の気持ちや考えを伝えたいときに、心理学では「YOUメッセージ」と「Iメッセ-ジ」があると言います。YOUメッセージとは、「あなたは立派ですね」のように、主語が「あなた」です。Iメッセージとは、「私は勇気を受け取った」のように、主語が「私」です。

私たちがふだん会話の中で無意識に使う言葉は、YOUメッセージの割合が多いのではないでしょうか。しかしYOUメッセージは、相手の心にストレートに届かない場合があります。

例えば、あなたが認めていない人があなたに「あなたの行動は間違っているよ」と言ったとします。あなたは「あなたに私の何が分かるのよ!?」と反発心を感じてしまうかも知れません。

しかしIメッセージで伝えると「あなたの行動を見て、私は残念に思いました」となります。こう言われると、相手は自分が勝手にそう感じたことを伝えただけなので、あなたは否定しようがありません。

言い方1つで相手に与える印象にこれだけ差がでるのはなぜでしょうか?

それはYOUメッセージでは、ベクトルの矛先が相手に向いた状態で、意見を言っているからです。

つまり、批評をしている訳です。例えば、あなたが約束の待ち合わせに遅れた人に対して、

「あなたは、周りに凄く心配をかけたんだよ」と言ったとします。

素直な人は謙虚に受け止めるでしょうが、「そんなこと、言われなくても分かってるよ、うるさいなあ」と感じる人もいるでしょう。その人のためを思っての忠告であっても、逆恨みをされるかも知れません。

これが、Iメッセージだったらこんな表現になります。

「私たちはとても心配してしまったよ」

このIメッセージでは、ベクトルの矛先が自分に向いた状態で、意見を言っています。

つまり、感想を言っている訳です。感想というのは、それを聞いている人は直接的な攻撃を受けない分、ストレートに心に響きやすいのです。

こちらの伝えたいことに、自発的に気づいてくれます。相手に真意を受け止めてもらうために、Iメッセージを活用してはいかがでしょうか。

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
108
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。