コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

日本CFコーチ協会★ビジョンへの道

世間のFPのイメージを脱却して独自の活路を見つけた事例

144

2021.08.30 執筆者:和仁 達也

 
「自分は何者なのか?」
(=セルフイメージ)

それが資格によって固定化され、

本当にやりたかったことがやれなかったり、
望む報酬額が得られないことがあります。

 
大切なのは、
自分のセルフイメージを
資格で決めつけられるのではなく、
自分で再構築すること。

 
言葉で言えばシンプルですが、
それには時間がかかる人もいます。

いやむしろ、そういう人の方が多い。

 
そんな中で、
着実の自身のセルフイメージを転換して
望むビジネススタイルを手に入れた
事例ストーリーをお届けします。

今回は、ファイナンシャルプランナー(FP)編。

あなたの一歩踏み出す勇気になればうれしいです。

 

世間のFPのイメージを脱却して独自の活路を見つけた事例

2004年からFPとなり2014年に独立した
竹内美紀さん。

その当時FPとして経営者のサポートを
どのようにすれば良いのか悩んでいました。

そんな中お金のブロックパズルを
和仁の著書やセミナーで知り、
キャッシュフローコーチ養成塾に入塾。

 
その結果2017年からは自分のことを
FPと紹介しなくなり、

FPは職業ではなく資格のひとつとして
捉えるようになったとのことです。

その結果、個人向けの仕事とか
金融商品の販売と言うイメージから脱却し、

経営コンサルタントとして周囲から
認識されるようになりました。

今では経営者と個人の割合は8対2となり、
経営者へのサポートとしては、

お金のことはもちろんのこと
理念を策定し浸透するための社員研修や
人事評価制度の策定にも関わるようになったそうです。

 
個人向けには単発のご相談だけではなく
年間顧問として家族の成長をサポートし、
ママ向けの連続講座も
実施するようになっているとのこと。

その講座の中ではファミリーポリシーまでも
策定する活動にも取り組んでいます。

 
そんな自分をミッション、マネー、マインド
の「3つのM」の観点から

「心もお金もみちてくる3つのMの法則」

というコンセプトで活躍の場を広げています。

個人向けのFPから始まった竹内さんは
このように自分の立ち位置をどんどん
変容進化し続け、今なお新たな領域を
開拓しているとのことです。

 
FP中心だった頃は、マイナスをゼロにする
ことが中心でしたが、

キャッシュフローコーチ中心の今は
ゼロをプラスにそして、
プラスをさらにプラスへ
持っていくことが中心で、

新たな課題解決に向かって
とてもやりがいがあるとのことです。

 
竹内さんのように、世間が持つFPなどの
資格のイメージにとらわれずに、独自の
活路を見出したい人は多いのではないか、
と思いました。

そんな方々に、彼女の活躍は希望になると
感じました。

これからの竹内さんのさらなる飛躍が楽しみです!

 
そしてわたしは竹内さんの話を聞いて、
彼女のように

・経営数字の専門家としての強みを生かして、

・社長の社外パートナーとして、
 クライアントのビジョン実現に貢献したい!

との思いをお持ちのFPや士業の方なら、
このCFコーチ養成塾がお役に立てることを
実感しました。

そんな方には、塾への参加を検討してもらえたら
良いなと思っています。

キャッシュフローコーチ養成塾の詳細はこちらです。

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
144
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >