コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

日本CFコーチ協会★ビジョンへの道

女性経営者を応援する女性コンサルタントの挑戦

148

2024.03.13 執筆者:和仁 達也

今日は、中小企業診断士で
活躍する人の事例を紹介します。

「資格を取得して、信用は得られたが、
肝心のコンサルティングのやり方が
わからない」

そんな声を聞くことがよくあります。

税理士であれ、社会保険労務士であれ、
それは信用の証にはなります。

ただ、高額なコンサル報酬をいただいて、
本業ど真ん中に貢献するには、
全く別のスキルが必要になります。

そしてそれは「中小企業診断士」にも
当てはまるようです。

なぜなら、

「企業を診断する」行為と、
「毎月、継続的に経営支援する」行為は
 ”似て非なるもの”だからです。

そんな中、
「キャッシュフローコーチ養成塾」には、
中小企業診断士の方が多く受講していて、
目立つようになりました。

そこで、彼らに

「なぜ参加したのか?」

そして

「実際に参加してみてどんな良いことがあったのか?」

を率直に聞いてみることにしました。

あなたのコンサルティング活動のヒントになれば
幸いです。

 

女性経営者を応援する女性コンサルタントの挑戦

アナウンサーとして経験を重ね、結婚後も
フリーの記者として取材をしながら、
キャリアと家庭の両立を目指した、
高橋陽子さん。

その後「さらにキャリアを磨くためには
コンサルになるのが良い」と発想し、
中小企業診断士を取得しました。

そのきっかけは記者として取材していた時に、
多くのコンサルタントがスマートな提案書を
作成しているものの、地方の小規模企業の
実情に合わないやり方に対して違和感が
あったことから、反面教師と捉えていたようです。

そして「社長と向き合うには
数字をわかっている必要がある」と考え、
キャッシュフローコーチ養成塾に入塾します。

養成塾では、どのような6カ月間を
過ごしましたかと尋ねたところ、
次のように答えてくれました。

「私は変わりたいと言う気持ちが
とても強くて初めから
”アウトプットありきでインプット”
していました。

これは取材をするときの発想が
そのまま活かされたと思います。

入塾中に2社で3回シリーズの社員研修を
受注し、また卒塾後にはグループコンサルで
脱★ドンブリ経営講座を小規模企業向けに
6カ月間行いました。

これがスムーズに終えられたのは
養成塾中に行った、
”お困りごとリサーチ”を徹底して
行ったからです。

このお困りごとリサーチも、記者としての
 経験がそのまま活かされ、自分の元々の
 キャリアがコンサルタントとしても
 活用できることを実感しました」

「さらに3ヶ月後には研修に関する相談から
結果的にキャッシュフローコーチ契約が
決まることもありました。

これも相手のお困りごと起点で
話を聞いたところ、1回目の面談では
専務と経理部長が面談相手だったところ、
2回目には社長も同席され、
話し始めて20分後に

『これこそ欲しかった内容だ』

と言われ、契約が決まりました」

「今思えば、養成塾中に受講者の立場で
話を聞くのではなく、
”開講する側の目線で見ていた”ので、
このコンテンツの価値を深く実感できて
いたのが良かったと思います。

自分が価値を実感できていたので、
それを売り込もうとするのではなく、
相手の話に集中できたからです」

高橋さんに今後の展望を聞いてみました。

「私は女性経営者の自己実現や思いの
受け皿になりたいです。
女性経営者には特有のお困りごと
があります。

1つは家庭や子育てとビジネスの両立を
 どうするか。

そしてもう一つは、そもそも男性社会の
中で、女性経営者が活躍するには
ハードルが高いということです。

そして女性経営者は、そんな荒波を
 くぐり抜けた”猛者”であり、
 それゆえに多くの女性経営者は、
 ストイックで真面目です。

すると、ノホホンとしている社員に
 ギャップと物足りなさを感じて悩むのです。

そんな葛藤を抱える、女性経営者の
相談相手として、自らも女性として
生きてきた経験を活かして
コンサルティングをしていきたいと
思います」

女性経営者が、そもそもが荒波を
くぐり抜けた、大変な環境の中で
活躍しているからこそ、ストイックで
真面目な方が多く、社員とのギャップ
に悩む、と言うのは、

わたし(和仁)にとって盲点で、
なるほどと唸りました。

自らもその経験をしているからこそ、
クライアントの共感が得られている
高橋さんの活躍、これからも注目しています。

そしてわたしは、高橋さんの話を聞いて、
彼女のように

・中小企業診断士のスキルを活かして、
 顧問先を継続的にコンサル支援したい!

との思いをお持ちの方なら、

このCFコーチ養成塾がお役に立てることを
実感しました。

そんな方には、
塾への参加を検討してもらえたら
いいなと思っています。

キャッシュフローコーチ養成塾の
内容や日程、金額などの詳細はこちらです。

■ライブ講座(和仁が直接講義します)

■ファシリテーター講座
(和仁の講義動画を使ってファシリテーターが解説)

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
148
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >