コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のコミュニケーションギャップを解消するコミュニケーション術

不安に強くなる心の健康度を保つには?

1,010

2019.09.08 執筆者:和仁 達也

消費税増税による消費の減退や、人手不足、後継者問題など
先行きの見えない不安を抱える経営者は多いと思います。

医療の発達によって身体の健康は保てるようになり
寿命ものびて人生100年時代と言われていますが、身体の健康以上に心の健康が重要になってきています。

不安を感じる日々を送っているとその不安に縛られてしまい、行動に制限がかかってしまいます。

あなたは、心を健康に保つ工夫をしていますか?

厚生労働省のデータによると、
平成17年度の精神及び行動の障害の総数が265万人もいるそうで、
この数が今後数年でさらに加速度的に増えるという説もあります。

日本の人口で単純計算すれば50人に1人ぐらいの計算になりますが、
労働者人口に絞ると10~20人に1人ぐらいになるのかもしれません。

そうなると、職場の仲間や場合によっては
自分自身が心の病を持つ可能性だってあるわけで、
他人事ではなく対応策を考える必要がありそうです。

精神面の問題を抱える原因は、
職場や家庭内・友人との人間関係、お金の不安などいろいろあるにせよ、
本質的な問題は「将来に希望を見出せていない」ことにある
のではないでしょうか。

「何もやる気になれない」

「この先にどんな楽しいことがあるのか、イメージできない」

「いまの憂鬱な状況が、今後もず~っと続くんじゃないだろうか?」

そう考え始めると、
どんどんネガティブな方向に思考が暴走してしまうことも。

思考(何を考えるか)によって、
味わう感情はほぼオートマチックに決まります。

そしてその思考を続けていると、
「不安」「悲しい」「無気力」など、
それにピッタリの感情を味わい続けることになります。

その流れをストップさせ、
「楽しい」「やる気」「幸せ」「わくわく」など
ポジティブな感情を抱くには、1つコツがあります。

それは、
将来に小さな希望を見出してみることです。

そこで、1つご提案です。

「将来どんなことがあったらうれしいか?」というテーマで、
仲間とフリートークをしてみてはどうでしょうか。

お昼休みのランチの会話としてもいいし、
全体ミーティングの中にそういう時間をつくってもよいかも知れませんね。

ポイントは、「自分で実現できそうと思えるレベルの高さの希望」を
考えることです。

あまりに敷居の高い理想を打ち出すと、
「でも、そんなことは、きっと無理よね」と、
「できないこと」に意識を向けてしまい、逆効果だからです。

「自分へのご褒美に、あのバッグを買いたい」
「エステでリラックスを」

というように、その気にさえなれば実現しそうなことから
リストアップしていくと、だんだん弾みがついてくるでしょう。

気持ちが前に向くような希望を見出す。

その際に、一人で考えるのもいいですが、
仲間と一緒に考えると、「場」がプラスになるので効果倍増です。

遊び感覚で試してみてくださいね。

 

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎不安や憂鬱な気分が続く時に、周りの力を借りて、元気になる方法!?

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
1,010
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >