コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

同じことを学んでも成果に差が出る理由は、ビジネス基礎体力が違うから。

150

2022.12.18 執筆者:和仁 達也

塾形式で、これまで10年以上、1千人以上のコンサルタントたちに
パートナー型コンサルティングのメソッドを伝授してきて、
わたし自身、気づかされることが多々あります。

その1つは、

「なぜ同じことを学んでも、成果に大きな差が出るのか?」

あるいは

「人によって成果が早く出る人と遅い人の差は、どこにあるのか?」

です。

この問いには様々な異なる角度から答えられるのですが、
今日は最近実感している着眼点をお伝えします。

その違いをもたらすもの、それは、習い始めた時点の
「基礎体力の違い」です。

これをわたしは【ビジネス基礎体力】といっています。

これがある人は、どんな感じなのか?

「1つの行動に、当たり前に3つ以上の目的を
持たせる(=1アクション3ゴール)」

「仕事を受けたら、すぐ細分化&逆算して
スケジュールに落とし込み、頭の中を空っぽにする」

「顧客や仲間からの報・連・相のメールには、
速攻で返事をする(=クイック・レスポンス)」

「自分が属するコミュニティで幹事的な役割が発生したら、
率先して引き受ける(=幹事力)」

こういったことが、当然のこととしてできているAさんは、
【ビジネス基礎体力】がある人。

逆に、それができない、あるいは、できても
無理があるBさんは、それがありません。

このAさんとBさんに同じことを伝授したとします。
果たして、同じ成果が同じタイミングで出るでしょうか?

スポーツで例えたら、わかりやすい話です。

フルマラソンを走るために同じコーチの指導を受けるとして、
元々運動をしていて、理想的な筋力と体重、
そして素直さのあるAさんと、

かたや運動不足で筋力が弱く太り過ぎで素直じゃないBさん。

同じ結果を出したかったら、Bさんは相応の努力をする
必要があることは、容易に想像できますね。

そこに気がつくと、対策は明らかです。

まず自分の【ビジネス基礎体力】が今どのレベルか、
を知ること。そして、理想のレベルを設定し、
そのギャップを埋めるような“習慣”を身につけること。

あることが習慣になるためには、継続的な行動が必要。

スポーツでオリンピックに出るレベルと比べれば、
ビジネスでは時間はかかるにせよ、
大抵のことは実現できるのではないでしょうか。

 

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎実戦で成果をあげるために必要な目線とは?

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
150
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >