コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のコミュニケーションギャップを解消するコミュニケーション術

何度言っても変わらない人には、現場を見せてイメージさせる。

199

2020.09.07 執筆者:和仁 達也

 
「同じ注意を何回しても、全然変わらないスタッフがいます。
どう言えばいいのでしょうか?」

という相談を、歯科医院の受付担当の加藤さん(仮名)から受けました。

詳しく話しを聞くと、事務手続き上スタッフが毎月提出する
データがあるのですが、杉山さん(仮名)が必ず遅れて提出し、
しかも毎回どこか不備があって提出し直しになるとのこと。

それが毎回続くので、はじめのうちは注意をしていたのですが、
何度も同じ注意をするうちに、

「毎日顔をあわせるし、口うるさいみたいに思われたくない」

という気持ちも働き、放っておくようになりました。

 
しかし当然そのままでよいわけもなく、院長からも

「あの資料はどうなっているの?」

と尋ねられ、上下にサンドイッチされたような
苦しい状況になっていました。

わたしは彼女に尋ねました。

「その提出が遅れたり不備があると、
具体的にどう困るんですか?」

「集計が二度手間になるので、1日で終わる仕事が、
2日、3日と余計にかかってきます。
それに毎度のことなので、正直いって気分が悪くなります」

「では、あなたがそういう迷惑を受けていることを、
杉山さんは知っていますか?」

「うーん、何度も注意をしているから、
子供じゃ無いし、わかると思うんですけど・・・」

 
そんなやりとりのあった数日後のある日。

院内ミーティングで、お互いに
「日頃どういう仕事をどんな工夫をしてやっているか」
をプレゼンしあうワークをやりました。

そのとき、加藤さんは毎月のデータ提出をどう処理して、
それがどう医院経営に活かされているのかを、
実際の書類やパソコン画面を見せながら、
わかりやすくプレゼンしました。

さらに、そのデータ提出が遅れると、
どういう困ったことが起こるのか、も。

すると、その月から杉山さんは提出の遅延がなくなったそうです。

きっと、相手の置かれている状況を知ったことで、
「自分がルールを守らない行為」
がどう仲間や医院に迷惑をかけていたか、を
心で納得したからでしょう。

 
いくら言葉だけでコンコンと訴えても、
人は理屈だけでは動かない場合があります。

なぜなら、
イメージ力のない人が頭で記憶したことは
忘れ去られる
からです。

ちなみに、夫婦喧嘩の原因(言った、言わないの言い争い)の
大半はここにありますね。

ところが、人は現場を目で見ると、
強烈に印象に残り、心で記憶します。

心で記憶したことは忘れません。

したがって深く納得するので、行動が変わるわけです。

言ってわからなければ、現場を見せましょう。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
199
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >