コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のコミュニケーションギャップを解消するコミュニケーション術

人からアドバイスを受けるのが怖い人へ。落ち込まないアドバイスの受け取り方。

320

2021.06.22 執筆者:和仁 達也

 
「物販の売上が伸びるように、何をすればいいか、
アイデアをまとめて提出してください」

鈴木さん(仮名)は院長にそう指示されたものの、
考えても頭の中がグルグルするばかりで妙案が浮かばない。

それでもなんとか自分なりの考えを先輩スタッフや院長に
話してみたら、ダメ出しをガンガン受けて、ヘコんでしまった。

 
そして、そして彼女は萎縮してますます意見を言えなり、
周りからは消極的でやる気がないスタッフと見なされた・・・。

そんな光景、心当たりはないでしょうか?

 
さてこのとき、鈴木さんはどうすればよかったのでしょうか?

 
実は、かつてわたしもサラリーマン時代に鈴木さんと
同じ体験をし、萎縮したまま実力を発揮できない時期がありました。

今では、ちょっとした工夫をすることで、
克服できることがわかっています。

 
それは、
依頼者に提出する前に、次の3段階を経てアドバイスを求める
のです。

第一段階。
はじめは、何を言っても否定せずに、
ニコニコとうなずいて聞いてくれる人にしゃべる。

アイデアを口に出し、それをうなずいて聞きいれてもらう
体験を通して、自信が生まれます。

また頭の中でつながっていなかった概念が、
言葉にすることで結びつきまとまる。

つまり、「言語化」され、人に伝えやすくなります。

 
第二段階。
今度は客観的なフィードバックをくれる人に、
「●●の観点でフィードバックをください」と具体的な依頼をする。
キャッチャーミットを構えているところにボールを投げてもらう感じです。

つまり、第一段階と違って、改善点のフィードバックを
受け取るのですが、受け取る心構えができているところに
返してもらうので、ヘコまずにすみます。

 
そして第三段階。
最後にある程度厳しい目線を持った先輩や上司に
自由にフィードバックをもらう。

このときには、すでに練り上げたアイデアになっている
はずなので、むしろ見落としていたことや、
基準の高い改善点がありがたく感じられ、
そのアイデアの完成度を高めてくれます。

 
いきなり第三段階からいくのは、丸腰で戦場に行くようなもの。

アイデアは生まれた瞬間はもろくてはかないもの。

やさしく扱わないと、すぐに壊れてしまいます。

一足飛びではなく、ちゃんと段階を経て、
アイデアを世の中にデビューさせてあげましょう。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
320
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >