コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のコミュニケーションギャップを解消するコミュニケーション術

明快に考えを伝える”言い回し”を用意しておく。

16

2022.09.22 執筆者:和仁 達也

 
ミーティングや面談で、余計な遠慮をすることなく
明快にこちらの意見を伝え、
終わり際も歯切れ良く締めくくるコツがあります。

今回のその一例を紹介します。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

院長がスタッフとミーティングや面談をする場面を見ていて、
「もったいないな」「惜しいな」と感じることがたまにあります。

それは、
漠然とした遠慮やためらいから、
しめくくりの言い回しが曖昧になり、
伝わるはずのメッセージが伝わりにくくなる、
あるいは弱くなる、
ということです。

 
たとえば年度初めにミーティングで、
今年のスローガンを院長がスタッフと共有するケース。

「今年の当院のスローガンは、
”その場にいるだけで元気が湧くような
安心安全ポジティブな場をつくること”
で行きます」

という話をする際に、心の中で
(スタッフから否定的な反応や反論があったらどうしよう)
という不安があると、最後を「~で行きます」と言
いきれない場合があります。

それは、スタッフとの関係性にまだぎこちなさや
距離感がある場合が特にそうですね。

 
そんな状況で、上から一方的に断定しても、
暖簾に腕押しでリアクションもなく、
言っているこちらがむなしくなることすらあります。

そのため、

「~で行こうと思うんですが、とは言え、
今はまだできるかどうかわからないところも
あるでしょうから、え~っと」

と自分が言っていることを先回りして
自ら否定するようなケースすらあります。

こうなると、聞き手からすると
もはや何を言われているのかわかりません。

 
こんな場合の対策として、
「考え方」+「確認」の言い回しを持っておくと便利です。

すると冒頭のケースは、次のような言い回しになります。

 
「今年の当院のスローガンは、
”その場にいるだけで元気が湧くような
安心安全ポジティブな場をつくること”
で行きたいと私は考えています。
みなさん、どうでしょうか?」

 
このように、積極的にスタッフの意見を問う感じで
締めくくると、自分の意思はきちんと伝えつつも、
「一方的に上から言ってる感」が軽減します。

 
また、ミーティングの最後の終わり方も大切ですね。

例えば、

「まあ、そんな感じです。お疲れ様でした」

と語尾を濁してなんとなく終わると、インパクトが弱まります。

一方、「考え方」+「確認」をここでも応用して、

 
「今日私が伝えたかったことは以上です。
最後にみんなからひと言ずつ、今日のミーティングの
感想または気づいたことを10秒程度で手短に
シェアして終わりましょう。
ではAさんから」

とやると、話の区切りもできる上に、
ミーティングの手ごたえも院長に直接フィードバックされます。

こういう言い回しは慣れないうちはとっさに出てこない
こともあるので、予め用意しておくとスムーズです。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
16
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >