コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のコミュニケーションギャップを解消するコミュニケーション術

どうなっちゃんだろう?の答え。

97

2024.06.07 執筆者:和仁 達也

「これ、この先どうなっちゃうんだろう?」と思った時の処方箋は、
そこで止まらず、もう一歩踏み込んで考えてみることです。

その具体例を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新たな挑戦をするときや、これまで経験したことがない決断に
直面したとき、頭に浮かぶ言葉トップ3に、これがあります。

「それをやって、もし上手くいかなかったら、
どうなっちゃうんだろう!?」

あるドクターから時間のやりくりについて相談がありました。

「本当は新たにやりたいことがあるのですが、
忙し過ぎてやれず、それどころか家族との時間も取れずにいます。
このままではマズイと感じているのですが、
何から手をつけたらいいのか、、、」

そこで、何にどれだけの時間を使っているか、を
紙に書き出してもらいました。

すると、複数の集まりに所属していて、その中でも役を与えられ、
会合や準備にかなり時間を使っていることが判明しました。

中でも、これまで8年間関わっている会があって、
「来年も副会長をやって欲しい」と依頼されているとのこと。

まさかと思いつつも、念のため
「それは受ける予定ですか?」と尋ねると、意外にも
「はい、そのつもりです」との返答。

以下、そのドクターと和仁の会話です。

和仁  :
「もし断ったら、どうなりますか?」

ドクター:
「そこをなんとか、と頼み込まれると思います」

和仁  :
「では、もしこう伝えたら?
『これまでこの会に恩返しをするため、役をやらせて
もらいました。そのため、子供達や妻と対話をする時間も
とらずにきました。
娘も中学生になり、ここで家族との時間を確保しないと
後で後悔すると気づいたので、来年以降は家族との時間を
確保するため、申し訳有りませんが、他の方に担ってもら
えないでしょうか?』と」

ドクター:
(しばらく考え込んで)「それなら理解してもらえると思います」

和仁  :
「でも、先生がその役をやらなかったら、
その会はどうなっちゃうと思いますか?」

ドクター:(黙って考え込んで)
「別に、何も起こらないと思います。別の人がやるだけですね」

「どうなっちゃうんだろう?」と思った時の処方箋。
それは、そこで止まらず、もう一歩踏み込んで考えてみることです。
すると、5割以上の確率で気がつくことでしょう。

「別に、何も問題は起こらない」ということに。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎不安で動けない時は、不安の正体を言語化する。

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
97
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >