コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

歯科医院の脱★ドンブリ経営 実践ストーリー

ベテランスタッフから雇用条件の相談を持ちかけられたら?「院長、福利厚生のことで相談が・・・」

147

2021.11.15 執筆者:和仁 達也

ホワイト歯科で8年目になる衛生士の伊藤は、
意を決して院長室のドアをノックした。

加藤院長が中に招き入れると、伊藤は開口一番、伝えた。

「院長、福利厚生のことでご相談があるのですが」

加藤院長の脳裏を嫌な予感が駆け巡った。

半年前に衛生士長が夫の転勤のため退社した後任として、
伊藤はよく頑張ってくれていた。

さらについ先月、結婚したばかりで、公私ともに環境の変化が多いタイミング。

夫の稼ぎもそれなりにあるようだし、
加藤院長は常に心のどこかで「伊藤に辞められたら困る」
という思いを漠然と持ち続けていた。

翌日のキャッシュフローコーチの和仁とミーティングの議題は、
その対応についてだった。

「伊藤の申し出は3つでした。

①ウチの産休制度はどうなっているか?
②今後、家事や育児に伴い、時短勤務は可能かどうか?
③今の自分の給料は低いのではないか?

ということです。

その場ではゆっくり話せなかったので、週末に改めて面談しよう、
と本人には伝えています。

それまでに、わたしの考えを整理して、
どう対処すべきかを決めたいと思うんです」

キャッシュフローコーチは事情を把握すると、いくつかの質問を口にした。

「まずお尋ねしたいのは、2つです。

伊藤さんのその申し出を受けて、院長はどう感じているか、という点です。
そして、そもそも、なぜ伊藤さんからそのような話が持ちかけられたのでしょうか。
そのあたり、いかがですか?」

加藤院長は、心を落ち着かせながら、ゆっくりと答えた。

「正直に言うと、『医療人なのに給料や条件ばかり言ってくるなんて!』
というのと、『今はウチが人不足なので、言ったもん勝ちみたいな感じで、
足元を見られているんじゃないか?』という、苛立ちを感じています。

それで、伊藤がなぜその話を持ちかけたのか、というと、
彼女が言うには『新人の給料に比べて自分の給料が低く感じる』
とのことでした。

たぶん、スタッフ同士で給料の話になり、
夫にもそれを話した上でのことなんでしょうね。

一般企業から見れば、歯科医院の給料水準は決して高くはないので・・・」

キャッシュフローコーチはそこでさらに質問を加えた。

「伊藤さんはなぜ、新人と比べて自分が低いと感じたんでしょうか?」

加藤院長は痛いところを突かれた表情で続けた。

「実は元々ウチは給料水準が低くて、
3年前に全員を一律数万円、引き上げたんです。

その時はみんな喜んでくれたんですが、よく考えたら
入社したばかりのスタッフの基本給もアップしていることに
納得がいかなかったんでしょうね。

かと言って、自分の新人の頃からさかのぼって差額を支払え、
とまでは言えないし・・・と言う漠然とした不満があるような気がします。

あと、今もう一つ思いついたんですが、
昇給は毎年一律で1800円ずつ全員に行っているんですね。
これも、よく考えたら、入社1~3年目のスタッフは
1年での成長が大きいけど、10年目のスタッフは
1年でそれほど変化がない。
なのに、全員一律で同じ昇給額っていうのは、なんだかしっくりこないですよね〜」

キャッシュフローコーチはうなずきながら、にこやかに答えた。

「たしかにそうかも知れませんね。
ということは、伊藤さんの今回の申し出は、
単なる不満や理不尽な要求ではなく、
医院のシステムをちゃんと実態に沿ったものに
アップデートする機会を与えてくれたとも言えますね」

加藤院長は、苦笑いしながら賛同した。

「確かに!きっと伊藤は、医院の矛盾に気づいたので、
それをスッキリ納得したかったんでしょうね。

ついさっき、彼女に苛立ちを感じていたのが、なんだか恥ずかしくなりました」

キャッシュフローコーチは最後に、話を整理した。

「今回の伊藤さんの申し出は、給料のシステムを最適化することを含めて、
『産休の扱いをどうするか』とか、
『家庭の事情でフルタイム働かないスタッフへの対応をどうするか』
をきちんと設計するチャンスだと、わたしも思いました。
では、一つずつ、検討していきましょうか」

この数十分の対話によって、
加藤院長にとって、「スタッフからの不満の対処」という、
後ろ向きな問題という捉え方だったのが、
「スタッフがさらにやりがいを持って働けるシステムの改善」
という前向きな課題に転換した。

そこに希望を感じた加藤院長の表情は晴れやかだった。

 

【今回のレッスン】

◎スタッフからの待遇改善の申し出は、単なる不満や理不尽な要求とは限らない。
時として、医院のシステムをより実態に沿ったものに
アップデートする機会を与えてくれることもある。

◎「スタッフからの不満の対処」という、後ろ向きな問題なのか、
「スタッフがさらにやりがいを持って働けるシステムの改善」という
前向きな課題なのか。
その捉え方1つで、その後の舵取りは、まるっきり変わる。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

 

▶︎どのスタッフも、必ず医院の業績に貢献できる! 医院のフトコロを痛めずに、スタッフの年収を上げるには?

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
147
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >