コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

コンサルタントに求められる2つの役割とは?

1,287

2019.07.05 執筆者:和仁 達也

コンサルタントに求められる役割をお話しする前に、
皆さんは、コンサルタントの意味をご存知でしょうか?< コンサルタントとは何か? それは、企業などに対して、問題の解決策を示し、 その発展を助ける業務を行う人をコンサルタントと言います。 これは、あくまで一般的に言われているコンサルタント像でもあります。 では、お客様から求められる場合に、コンサルタントはどんな役割があるのでしょうか? 今日は「コンサルタントに求められる役割は何か」 についてお話ししてみたいと思います。 抽象度を上げて言えば、 すべてのコンサルタントの役割は 「クライアントのお困りごとの解決を支援する」

ことです。

ただその際に、実は2つのアプローチがあります。

一般的なイメージでは、
コンサルタントの役割と言えば、

「専門知識や情報の提供」

でしょう。

例えば、

「webで集客するためのスキームの作り方や
レターの書き方を教えてほしい」

「社員のやる気が出るような
人事評価制度の構築法を指導してほしい」

などはそれです。

これらはその分野の専門知識が必要で、
それが希少価値があるほど存在価値も報酬も高くなります。

その一方で、もう1つの役割があります。

それは、「発想や思考のサポート」です。

例えば、

「当社のビジョンや理念を言語化したい」

「社内の人間関係を円滑にするために、
どうすればいいか?」

「今年の具体的なプランを作って先の見通しを立てたいが、つ
い先送りしてしまい、進まない」

などです。

こちらは、クライアント自身から正解を引き出す
性質のテーマなので、特定の専門知識は
さほど問われない代わりに、

相手の真のお困りごとを突き止める力、

すなわち、

「本質を突き止める力」と

「解決に向けて柔軟にシナリオを描く力」

が求められます。

そしてコンサルの現場では、この

「専門知識や情報の提供」と

「発想や思考のサポート」

の2つを織り交ぜて、提供することになる。

つまり、シンプルに突き詰めれば、

コンサルタントは、
「A:情報提供力」と「B:思考力」の割合を
最適にブレンドして提供するわけです。

ちなみに、この視点からいくと、

我々の「キャッシュフローコーチ・メソッド」は、

「A:情報提供力」と「B:思考力」の割合は、

はじめのうちは7:3で、

しばらくすると5:5になり、

やがて3:7、あるいは2:8となるイメージです。

しかも、クライアントの成長に伴って
お困りごとも変化するため、

結果的に複数年に渡って長いおつきあいになることが多く、

コンサルタントの価値は、

「クライアントが望む姿を把握した上で、

 『ちゃんとその線路の上を走っているか』

 を見つめながら、

 最適に軌道修正するナビゲーター」

のようなものになります。

こうやって、
クライアントの成長・発展に寄り添いながら、
自らも成長していけるスタイルが、
わたし(和仁)にはとても合っていて、

それを世に提唱してみたら、

今では全国に450人以上(2019年現在)のキャッシュフローコーチが賛同して、
一緒に活躍してくれているのです。

今年もキャッシュフローコーチ養成塾が
スタートし、新たな仲間が増えることが今から楽しみです。

我々の活動を、今年も温かく見守っていてくださいね。

そして、それを踏まえて、

我々のビジョンに共感してくださる方は、

ぜひ一緒にキャッシュフローコーチのビジョンを
実現していきましょう!

キャッシュフローコーチ養成塾の詳細はこちらです。

今年も、新たな出会いを楽しみにしています。

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
1,287
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >