コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

zoomで会議やセミナーをうまく回すための簡単な工夫

1,174

2020.02.05 執筆者:和仁 達也

 
ここ数年、zoomによる会議やセミナーをやる人が増えてきました。

我々、日本キャッシュフローコーチ協会でも、
様々なプロジェクトのzoomミーティングをやっていますし、
養成塾のプレセミナーの中にはzoomを使ったものもあります。

これは場所を選ばずどこからでも参加でき、
録画で簡単にできるので、とても便利にやれる利点があります。

その一方で、リアルに顔を合わせてやる会議やセミナーと違い、
「場づくり」により一層の工夫が必要となります。

例えば、「表情に気を向ける」ことがその一つです。

画面に向かっているうちに気がつけば、
参加者が険しい表情になっていることが度々あります。

それは怒っているわけでは無いのですが、
真剣に考えていると自然とそうなるのでしょう。

その時、「全員の顔が1画面に表示される」zoomでは、
険しい表情の人がズラッと並ぶと、
なかなか怖い雰囲気を醸し出すことがあります。

なので、前置きトークで

「時々、自分の顔をチェックしようね」

と促すことで、自然と「場づくり」ができます。

その一方で、「全員の顔が1画面に表示される」ことの
司会者にとって良い点は、

より参加者一人一人の表情が見えることで、
反応や手応えがつかみやすいことです。

このように、zoomならではの特徴を活かすことができれば、
リアルな場よりも効果的な会議ができることがわかりました。

お試しください。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
1,174
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >