コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

人に気持ちよく賛同されるアプローチとは?

509

2021.08.18 執筆者:和仁 達也

社長や院長、あるいは上司が、部下に対して指示や提案をしたときに、
2パターンの反応があると思います。

1つは「全員が賛成する提案」、
もう1つは「賛否が分かれる提案」です。

「賛否が分かれる提案」とは、たとえば

「始業30分前には出社して、9時には準備万端で
スタートできるようにしよう」

というようなものです。
なぜこれに反対する人がいるかというと、
そこになんらかの負担や犠牲(この場合、睡眠時間が減る等)
を感じるからですね。

では、「全員が賛成する提案」とは何かというと、

「それが実現したら、誰にとっても喜ばしい」

と感じさせる提案です。

それは入口は抽象度を高く(=具体度を低く)入り、
その次に具体度を高くアプローチするのがコツです。

一例を紹介しましょう。

ある歯科医院で、院長が全体会議の場で、

「そこにいるだけで元気が湧いてきて、気分よく働ける
”安心・安全・ポジティブな場”をつくろうよ」

と全スタッフに提案しました。

これは、抽象度が高いですね。

そして、誰にとっても喜ばしいことなので、
もちろん誰もが賛成します。そこで院長が続けます。

「安心・安全・ポジティブな場とは何かというと、

『どんなアイデアを言っても否定されず、
受け止めてもらえる、明るさに満ち溢れた場』

ですね。その実現のためには、
わたしたちがやれることは、3つある。

それは、”表情”・”言葉”・”態度”を
安心・安全・ポジティブなものにすることです」

ここまでスタッフがうなずいて聞いているのを確認して、
院長は続けます。

「まず表情はどうだったらいいかな?

そう、”笑顔”だね。
笑顔が患者さんの心に与える影響は大きいよね。
もちろん、一緒に働く同僚だって気分がよくなるだろう。

次に言葉。
これは、”肯定語”を使うということだね。
その反対は否定語で、

『でも、そうは言っても、無理、できない』

という言葉です。この代わりに、

『はい、いいね、やってみます、面白い』

などの肯定語をできるだけ使ってみようと意識してみよう。

そして、態度。

それは、”クイックレスポンス”です。

何か呼びかけられたら、すぐに返事をして即反応されたら、
患者さんはうれしいし、院内なら上司はうれしいよね。

そんなことを当り前にやれるスタッフが働く医院なら、
そこには”安心・安全・ポジティブな場”が生まれ、
そこには同じ”安心・安全・ポジティブ”なエネルギーを持つ
患者さんやスタッフが引き寄せられると思うんだ。

ぜひ、これを今日からわたしも含め全員でやっていきたいと思う。
いいかな?」

具体度の高い各論から入るのではなく、
抽象度の高い理想から入り、徐々に具体化していくと
抵抗感を最小限に抑えてくれます。トライしてみてくださいね。

 

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

 

▶︎相手に誤解させない秘訣!言い回しの工夫以上に大切なこと

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
509
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >