コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

成果を出すコーチ、出さないコーチの違いとは?

353

2021.11.04 執筆者:和仁 達也

スポーツでもビジネスでも、クライアントの成果を出すコーチと
出さないコーチがいます。

何がその違いをもたらしているのでしょうか?

その分野に身を置く立場として、これは常に問い続けているテーマです。
そしてよく観察していると、コーチには3タイプいることに気づきます。

1つめは、自身の実践はあるが、理論がない人。

これでは、再現性が弱く、生徒は真似できません。
コーチにすごい実績やカリスマ性があっても、
それを言葉で伝えることができず、「見て学べ」となる。

そして、伝わらない生徒に対してイライラし始めます。
そのイライラは生徒にも伝わり、やがて精神的な距離感が広がり、
よい関係性が長く続きにくいようです。

2つめは、理論はあるが、実践がない人。

言っていることは正しいのですが、本人はそれを実践していません。
つまり、有言実行ではなく有言不実行。
これでは、「あなたにそれを言える権利があるんですか?」と
違和感を与えます。

それを教える立場としての正当性が弱く、生徒が感情的に
反発して聞く姿勢をつくらないので、よほど素直な人は別として、
成果が出にくいようです。

3つめは、実践がある上に、理論で教えられる人。

このようなコーチなら、生徒は聞く姿勢をつくって教わろうとします。
しかも、教えを理解した上でそのコーチを見てそのまま真似できるので、
具体的にイメージでき、成果を出しやすくなります。

これらのことは、わたしがこれまで様々な分野のコーチや
コンサルタントをつけたときに感じたことです。

生徒の模範となるコーチは、「実践と理論のバランス」が
鍵なんじゃないか、と感じます。

なぜなら、人間は感情で納得し、理屈で理解する生き物だからです。

わたし自身、ビジョナリーパートナーとしてコーチの役割を担う上で、
「実践がある上に理論で教えられる人」として、
今後も進化し続けていきたいと考えています。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎成果を出すコンサルタントは顧客に自立性を促す、その理由とは?

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
353
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >