コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

結果的に良好な人間関係が育まれる“場づくり”の秘訣

165

2023.08.04 執筆者:和仁 達也

わたしが日本キャッシュフローコーチ協会の運営において、
さらにはコンサルティングやセミナーにおいて、
もっとも重要視している価値観に「場づくりの発想」
があります。

今日はそれを効果的に実践する上での、
大きな違いをもたらす秘訣を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしがコンサルティングにおいて成果を発揮する秘訣として
重要視していることに、

安心安全ポジティブな場づくり

があります。

これは、相手と自分が居合せる【場】が
安心安全ポジティブになるよう、
言葉・表情・態度・行動を整える、というものです。

これを発動すると、
その【場】の力によって、リラックスした人間関係が育まれ、
自由に意見を出し合えるようになります。

そして、他人の発言をヒントにしてさらにアイデアを創発し、
それがどんどん積み重なっていく「知の相乗効果」が発揮され、
組織の生産性は高まり、何よりそこにいることが
楽しくなるわけです。

なので、それをコンサルタントの塾生や
キャッシュフローコーチの仲間たちに推奨しています。

ところが、これを微妙に曲がった解釈をすると、
その意識の矛先が【場】ではなく、
【人】に向けることがあることに気がつきました。

つまり、

「この【人】と安心安全ポジティブな関係を
つくるために、どう振る舞うか」

というように。

これは、似て非なる発想です。

人に意識を向けると、
Aさん、Bさん、Cさんと相手によって自分との
相性の良し悪しがあって、話が複雑になります。

正確も距離感も人それぞれです。

それにいちいち対応しようとしていたら、
かなり高度なコミュニケーション・スキルを
身につける必要が出てくるでしょう。

ところが、【場】に意識を向けるとどうなるか?

【場】に意識を向ける分には、
常に対象は1つなので、シンプルです。

そして、結果的にその場に居合せる人との関係性も良くなるのです。

わたしは、1対1の面談でも、1対多のセミナーや講演会でも、
常にこの【場】にフォーカスします。

そして、この【場】が安心安全ポジティブなものになることを
イメージし、そのイメージに引っ張られて、
言葉・表情・態度・行動を導いていく。

言葉にすると微差に聞こえますが、
この違いはコミュニケーション円滑化において
とても重要で有益なコツです。

試す機会がある人は、トライしてみていただきたいです。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎”安心安全ポジティブな場”がもたらすものは?

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
165
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >