コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

言い回しで相手の印象はプラスにもマイナスにもなる。「神は、◯◯に宿る!」

202

2023.09.04 執筆者:和仁 達也

ビジネスパーソンとして、言葉を使って
人に動いてもらうシーンは多々ありますよね。

とりわけ、人の相談に乗る時、
どんな言い回しを使うかによって、
相手に素直に受け止めてもらえるか、
それとも反発されるか、が決まります。

そもそも人は、よほど尊敬している人でもない限り、
他人から「上から目線で指導」されたくはないものですからね。

その点、
「人の相談に乗り、お役に立つこと」が仕事である
コンサルタントは、この点をよく理解している必要があります。

とりわけ、「教えるスタイルの先生型」ではなく、
「気づかせるパートナー型」のコンサルタントであれば、
なおさらです。

先日、クライアントに投げかける言葉には、
語尾を微妙に変えることで、
受け手の印象が違うことに気がつきました。

例えば、次の3パターンです。

これは、文字で見ただけではその違いがわかりづらい
のですが、実際に声に出してみるとわかります。

①「どうしたら、◯◯できますか?」

②「どうしたら、◯◯できるでしょうか?」

③「どうしたら、◯◯できるでしょうかね?」

そのニュアンスの違いを、解説しますね。

①「どうしたら、◯◯できますか?」
→これは、相手にだけ考えさせています。
よって、少し突き放した印象を与えます。

②「どうしたら、◯◯できるでしょうか?」
→①よりはやわらかいが、やはり相手にだけ考えさせています。

③「どうしたら、◯◯できるでしょうかね?」
→これは、着眼点を投げかけつつ、相手だけでなく、
自分も一緒に考えるスタンスが伝わります。

このように、「語尾」の使い方1つで、スタンスの違いが
伝わってしまいます。

その結果、相手が素直に受け入れるか、反発を感じるか、
の違いをもたらすのです。

よく、仕事のクオリティを極める際に、
「神は【細部】に宿る」と言いますが、
コンサルティングにおいては、
「神は【最後】にも宿る」のですね。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎自分都合にならずに相手に気持ち良く受け止めてもらえる伝え方のコツ

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
202
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >