コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のコミュニケーションギャップを解消するコミュニケーション術

幹部候補のスタッフが昇進を拒む理由とは?

128

2022.07.07 執筆者:和仁 達也

やる気のあるスタッフ、とりわけ全体を広い視野で
見て考えることができ、しかも行動力があるスタッフとなれば、
リーダーとしては期待も高まるものです。

ところが昇進を持ちかけても、それを拒むケースは少なくありません。
その理由と対応の方向性について、ある歯科医院の事例ストーリーで紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある歯科医院で、院長は幹部候補スタッフの
鈴木さん(仮名)を院長直轄の幹部スタッフとして昇進させようと考え、
それを本人に伝えました。

「マネジャーという役職がつき、給料もアップする。
責任も発生するがその分やりがいも出るので、
きっと鈴木さんなら喜んで受けてくれるに違いない」

と院長は思い込んでいました。

ところが、院長がそのことを伝えると、鈴木さんの反応は
予想に反して芳しくありませんでした。
理由を尋ねても、
「いえいえ、わたしにはその立場は荷が思いので、まだまだです」
とのこと。

医院に対する忠誠心も高く、向上心もあり、
周りも十分に認める能力もあるのに、本人の答えはNOの一点張り。

「これは、どうしたものか?」と、困り果てた院長は
コンサルタントに相談をし、コンサルタントが鈴木さんと
直接話しをすることにしました。

しばらく話をしていると、彼女が内心ひっかかっていたことが1つ浮き彫りに。

それは、鈴木さんより先に入社したベテランスタッフの存在です。

かつて鈴木さんが新人として入社したときの先輩スタッフが、
「後輩である自分が追い抜いて幹部となることを、
ある先輩スタッフは快く思わないのではないか?」
と懸念していたのです。

これは、彼女の立場からすればもっともな本音です。

そこで、コンサルタントが彼女に2つのことを伝えたところ、
表情がガラッと変わり、
「そういうことでしたら、やらせていただきます」
と快い返答をもらうことができました。

コンサルタントが伝えたことの1つめは、

「院長からスタッフ全員に次のことを伝えてもらいましょう。
①鈴木さんがマネジャーとして院長の右腕として活躍してもらうことの発表、
②彼女が選ばれた理由、
③マネジャーの役割としてやることとやらないこと、
④鈴木さんも全てを万能にこなせるわけじゃないからみんなの協力が必要であること、
の4点です」と。

そしてもう1つは、

ここで鈴木さんが上に上がらないと、
次の成長株のスタッフも上にいけないよ。

医院の成長、スタッフの成長のためにも、まずは鈴木さんが
上に上がるタイミングなんじゃないかな」と。

責任感の強い鈴木さんは、このことも響いたようで、
決意に満ちた表情を見せていました。

次のステージにスタッフを誘うときは、
それをやる意義の言語化と同時に、それをやらない理由の排除が両輪で重要です。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎スタッフのやる気を引き出すにはやりがい?それとも報酬?スタッフのモチベーションを上げるために確認しておくこと

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
128
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >