コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のコミュニケーションギャップを解消するコミュニケーション術

モヤモヤをさらにスッキリさせる方法。

84

2023.12.22 執筆者:和仁 達也

以前、このコンテンツサイトで、

「モヤモヤを解消するコツは、
未完了なままの仕掛かり業務をリストアップすること。
つまり、文字化】によってやることが具体化し、
”受け身”な心構えが”能動的”に切り替わる」

という話をしました。今日は、その続編の話です。
ずばり、キーワードは【時系列化】です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしは、頭の中に未完了なことが3つ以上蓄積すると、
エネルギーダウンするのを感じます。

なのでそれを感じたら、すかさずA4版のコピー紙を
1枚取り出して「アクションプラン」を、
さらっと15分で描きあげます。

アクションプランとは、横軸に時間、縦軸にやること(項目)を書き出し、
その中に何をいつやるか、を明記した簡単な行程表のことです。

たとえば、「院内旅行の企画立案から実行までの段取り」を
テーマにするとしたら、横軸に「9月、10月、11月」と3カ月をとります。

そして縦軸には、「行き先の選定」「旅行会社への手配」
「旅行中の懇親の企画」「お金の出入り」などのやること(項目)を書きます。

そして、その縦軸と横軸の中に、左から右に矢印(→)を入れて、
「いつからいつまでに、何をするか」を埋めていくのです。

これを時間制限15分で、一気に書けるところまで書きあげる。

すると、頭の中にある情報はいったんすべて、そのシートに記されるので、
頭のハードディスクの容量をくっていた情報を安心して消去でき、
スッキリします。しかも、時間軸がそこにあることによって、

「それを今すぐやらなきゃいけないわけではない。
このシートに書いた時期にやればいいので、
今はリラックスしていてOK」

と自分に許可を出せるので、安心感が得られ、
スッキリ感が増幅するのです。

この効果は、やった人にはわかります。

1つコツは、完璧主義にならず、
「とりあえず仮のプランでいいから、ラフに書いてみよう」
と思ってやることです。

というのも、多くの人は初めから完璧を目指してやろうとするがあまり、
負担が大きくなって、途中で投げ出すか、着手すらしないからです。

脱★完璧主義で、15分だけやってみましょう。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎「面倒くさいこと」を先送りしないためには?

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
84
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >