コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

「面倒くさいこと」を先送りしないためには?

221

2023.10.04 執筆者:和仁 達也

仕事であれ、プライベートであれ、楽しくて時間を忘れるほど
没頭できるものもあれば、できることなら先送りしたくなる
面倒くさいものもあったりします。

その「面倒くさいなあ」と感じたとき、どうしますか?

今回は面倒くさいことを先送りしないコツを紹介します。
それは「自分とどんな対話をして、どう動くか」という話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしにとっては、先送りしたくなることとして、

・原稿の執筆(書籍だけじゃなく、日常のレポート作成)

・セミナーや新商品の発売時のセールスレターづくり

・一人で行うマラソンのトレーニング

・英語版のセミナー音声のリスニングや一人ロープレ

・家事(ほとんどやらないけど)や、日常の丁寧な動き
(洗面所で水を飛ばさずに顔を洗うなど)

などがあります。

念のために言っておきますが、これらが嫌いというわけではありません。

ただ、取りかかるのが億劫に感じて、つい先送りしがちなんです。
ここで選択肢が「やるか、やらないか」の二択だけだと、
面倒くささが勝って「やらない」となってしまう。

そこで、この「面倒くさい」ことへの対処の選択肢
列挙することにしました。

【選択肢①】
他人に任せる(外注化)

【選択肢②】
他人にサポートしてもらい自分でやる(コンサルやコーチをつける)

【選択肢③】
楽しくやれる工夫をする(改善・工夫)

【選択肢④】
「今すぐ15分!」だけキッチンタイマーで計ってやる(脱★完璧主義)

【選択肢⑤】
やらない

こう考えると、「【選択肢⑤】やらない」の前に、
いろいろ手が打てることに気がつきます。

この中でもわたしがよく利用しがちなのは、
【選択肢②】と【選択肢④】です。

無意識だと、この二つのどちらかを選択します。

しかし、こうやって立ち止まって選択肢を
出してみると、【選択肢①】と【選択肢③】は
まだまだ伸びしろが大きく、工夫の余地があると言えます。

そこで、それぞれについてわたしの課題を整理してみます。

【選択肢①】他人に任せる(外注化)
→つい自分でやってしまうクセがあるので、いったん立ち止まり、
「これを人に任せるとしたら、どうすれば良いか?」
と自問してみる。(その上で、結局は自分でやるのはアリ)

【選択肢③】楽しくやれる工夫をする(改善・工夫)
→楽しくやれる環境を整える。たとえば、「仕事上のメールや
Facebookのチェック」は相応に神経を使うことがあるので、
カフェで美味しいコーヒーを飲み、心を落ち着かせて
気持ちを集中させてからやると、没頭できる。

選択肢の数の多さは力になります。

面倒くさいことも、完了すればスッキリ感、達成感を味わえるものです。

自分に合った選択肢をもっておけるといいのではないでしょうか。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎面倒くささからの先送りを防ぐには?

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
221
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >