コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のコミュニケーションギャップを解消するコミュニケーション術

スタッフに注意点をきちんと理解し覚えてもらうには?

125

2024.03.22 執筆者:和仁 達也

上司が厳しく指導すると「パワハラ」と言われたりして、
部下指導は難しくなってきました。

そんな中、スタッフに注意点をきちんと理解して覚えてもらう
コツについてお伝えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新人スタッフを採用したときは、医院にとって
新たな習慣を根付かせるチャンスだったりします。

ある歯科医院で、新衛生士を採用したことで、
彼女の教育という場を利用して、既存スタッフにも
大切な注意点について理解を揃える作戦を考えました。

その医院では、日頃から院長が

「こういうときは、もっとこうして欲しいんだけどなぁ・・・」

とストレスを感じることがありました。

たとえば、
「使い切りの滅菌パックを出したら、使っていなくても
次に使い回しをしない」

とか

「薬剤の使用期限が切れていたら、もったいなくても処分する」

などです。

というのは、その医院ではスタッフは、
そういうことに無頓着なのか、あるいは
「もったいない」気持ちが先に出るからなのか、
徹底されていませんでした。

そして、それが院長のイライラの元になっていたのです。

とは言え、「医院のコストダウンのために」という
気持ちがあってのことだとしたら、
頭ごなしに叱ることもためらわれます。

そこで院長は、「新人スタッフへの教育の場」という
カタチを使って、入社後1カ月間だけ、
毎日ランチ後に全スタッフで10分の
ショートミーティングを行うことにしました。

やり方はこんな感じです。

まず院長が予め、
「日頃からイライラを感じるスタッフの振る舞い」を
リストアップしておきます。

それをもとに、ショートミーティングで新人スタッフに

「こんなとき、どうするのが正解だと思うか?またその理由は?」

を問いかけます。

この「理由を自分で考えて、言う」ことがとても重要で、
これが自分の言葉でちゃんと言えるようなら、
スタッフの理解度は本物と言っていいでしょう。

たとえば、
「薬剤の使用期限は守る必要はありますか?また、それはなぜか?」
と尋ねたときに、こう答えたとしたとしましょう。

「使用期限は守る必要があると思います。期限を超えて使ったら、
『5分で固まるはずが10分もかかる』みたいに効果が低減したり、
酷い場合は毒性を持つリスクもあり、
患者さんの不利益につながり、さらには医院の評判を落としかねないからです」

ここまで分かっていれば、
そのルールを実行する可能性は高いと言えるでしょう。

まず新人スタッフに考えてもらい、
次に既存スタッフに問いかけ、最後には院長が正解を教える。

こうやって自分の頭で考えたことは、忘れにくく、
行動につながりやすくなるようです。

 

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎スタッフに注意をしたときに逆ギレする場合は、注意の仕方の〇〇を変えること

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
125
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >