コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

歯科医院の脱★ドンブリ経営 実践ストーリー

給料の決め方、考え方。世間で言われている目安は本当なのか。

337

2021.09.02 執筆者:和仁 達也

今日は、月に一度の経営ミーティング。
加藤院長は、キャッシュフローコーチの和仁が院長室に入ると、
早々に質問を投げかけた。

「少しざっくりした質問で恐縮なのですが、聞きたいことがあります」

キャッシュフローコーチがうなずいて聞いているのを確認すると、
加藤院長は、お茶を一口含んで話を続けた。

知人の歯科院長から相談を受け、
勤務医の人件費適正額を知りたいとのこと。

「彼の話では、『人件費が25万円だったら、
売上は125万円と言われている』のだそうです。

ただ、私は売上ベースではなく、
粗利ベースで考えた方が適切だと教わったし、
その方がしっくりくるんです。

それで、そこから考えると、

売上125万円×80%=粗利100万円

このときの労働分配率は、

人件費÷ 粗利= 25万円/100万円 = 25%

ということで、
『勤務医は労働分配率25%くらいが適当』
なのかなと思っているのですが、この考えは適切なんでしょうか?

ネットで探すと、なかなか公的な数値もなくて、
ヒットしたと思ったら、数値がまちまちで、
結局知人にもちゃんとした回答ができなくて、
気になっていたんです」

一通り話を聞くと、キャッシュフローコーチは
ホワイトボードに歩み寄り、ペンのキャップを外しながら話し始めた。

「まず発想法をお伝えしますね。

院長クラスのドクターが1日30人の患者さんを診る
ときを考えてみましょう。

保険診療の患者単価が5千円だとして、
週休2日でチェア3台、保険診療を中心にやっているとします。

すると、売上は、
患者単価5千円×1日30人×22日=月商330万円で、
およそ年商4000万円というレベルになります。

ただ、これは歯科衛生士がフォローしてくれて、
院長報酬が年間1000万円程度、
月額80万円程度の院長1人に、衛生士3人体制でのイメージです。
このとき、医院は収支トントンくらいです。

次に、衛生士の力を借りながら勤務医1人で診れる
マックスを考えてみましょう。

これは、キャッシュフロー的に分解すると、
保険治療の患者単価は、上記と同じ30分で5千円。
8時間勤務でチェア1台につきっきりで最大で16人診れるとして、
5千円×16人×22日=月商176万円となります。

この医院の粗利率が80%として、
粗利は176万円×80%=140万円。

このくらいの力があるドクターが受け取る給料の相場は、
月額30〜35万円です。

つまり、40万円未満になりがちです。
なぜなら、40万円だと、院長の半分の数の診療しかしていないのに、
院長の半分の報酬を受け取ることになるからです」

加藤院長は口を挟んだ。

「院長の半分の仕事をしているなら、
半分の40万円を払ってあげてもいいような気もしますが?」

キャッシュフローコーチはにっこり微笑みながら話を続けた。

「はい、本当の意味で院長の半分の仕事をしているなら、ね。
ただ、院長の仕事は、診療行為だけでしょうか?」

加藤院長は、はっとした表示で、大きくうなずいた。

「そうか、経営判断や銀行からの借入の保証、
人の教育やシステムづくりなど、診療以外にも
やることはいくつもありますね」

「そうです。つまり、院長は診療以外にも
複数の役割を担っていることを考えると、
月商176万円程度の仕事量では、
院長もなかなか納得して40万円以上を払いにくいのではないでしょうか。

なので、月商125万円となると月商176万円の約70%なので、
40万円×70%=28万円となります。

するとまさに、はじめに加藤院長がおっしゃっていた、
『人件費が25万円だったら、売上は125万円と言われている』
という数字に近い感じになる、という訳です」

「なるほどね〜、そう考えていくのかぁ」

加藤院長は、感心したように深いあいづちを入れた。
ちゃんと理解されていることを確認すると、
キャッシュフローコーチは、1つ付け加えた。

「ただ、これはあくまで保険診療のみでシミュレーションした
事例です。

ここに自費収入が含まれれば、患者単価が変わってくるし、
チェア数やスタッフ数が増えてくるとスケールメリットが生きるので、
また違ってきます。

とは言え、発想法として上記のことは踏まえておいても
いいかなと思いますね」

世間で言われている目安をそのまま鵜呑みにするのではなく、
ちゃんと自分なりに裏付けを確認すること。

それが納得の意思決定につながることを、加藤院長は実感した。

 

【今回のレッスン】

◎月に125万円の売上をつくる勤務医に支払える目安は、
25~30万円。ただし、その数字を鵜呑みにせず導き出し方を理解しよう。
◎また、自費や物販収入、そしてチェア数やサポートにつく
スタッフ数によって柔軟に考えたい。
◎世間で言われている目安を鵜呑みにせず、
自分なりに裏付けを確認してみる。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

 

▶︎スタッフの給料アップの際に考えておくべきこと 「納得の報酬」を気持ちよく払うには?

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
337
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >