コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

短期集中の量稽古の経験がコーチングが上達するための秘訣

1,114

2019.06.05 執筆者:和仁 達也

コーチングだけではなく、なにかを上達させるためには、

ある程度稽古が必要ですよね。

以前1万時間の法則が話題になりましたが
(1万時間の法則とは、一流の成功を修めるためには1万時間の練習が必要である)と言う法則です。

ただし、この1万時間の法則は、ただやればいいと言うものではないと私は思います。

そこには、練習の質や、目的、目標が必要になります。

コーチング技術の向上は、知識量とともに、経験量が重要になってきます。

短期で、技術を向上させると言うのはなかなか難しいと感じる方もいると思います。

そこで今日は、「コーチングが上達するには、どれだけ経験が必要か」
についてお伝えします。

とりわけわたしの養成塾では、「たった4つの質問をすれば、
雑談のような会話が自然とコンサルっぽくなる」という、
”ビジョナリーコーチング”を伝授しています。

これは言わば、「誰でもすぐにやれるよう、極限までそぎ落とした
シンプルなコーチング・メソッド」です。

さて、

「ビジョナリーコーチングを上達するには、
どれくらい経験を積めばいいですか?」

「何人とコーチングをやれば、感覚として手応えを
つかめてくるのでしょうか?」

養成塾生から、延長戦でそんな目安を個別に尋ねられることがあります。

そこで今日は、その見通しについて、お伝えします。

ビジョナリーコーチングを上達するには、
一定量の経験値を短期集中で積み上げるのが効果的なんですね。

具体的には、次の3段階で目標値を設定するのが良いようです。

まずは、10人

そこまでは短期集中で、一気にやりましょう!

なぜなら、そこを躊躇していると、
せっかく掴みかけた勘どころを忘れてリセットしてしまうので、
積み上がっていかないからです。

次に30人

これをクリアすると、ある程度のバラエティを体験できます。

つまり、業種、規模、立場、年齢、性別など多様性のある
クライアントのリアクションを体感し、柔軟に対応する力が養われます。

そして、その次は100人

ここを達成すると、エレガントさを追求するだけの
ゆとりが生まれ、高い目標値を持ちやすく、急速に進化します。

ちなみに、大阪4期の竹田さんは、塾生期間中に100人との
ビジョナリーコーチング(=VC)を達成して、
「VC100」の称号を手にし、複数のコンサルティング契約も結びました。

「よく3ヶ月とかで、こんなに多くやれましたね!?」

と思う人もいるようですが、実は逆。

これはダラダラ時間をかけてやるよりも、
3ヶ月とか半年という期間で短期集中でギュッとやった方が上手くいきます。

例えるなら、
飛行機が離陸するとき、滑走路を数分走ったら
一気に加速して飛び上がるようなものです。

想像してください。

飛行機が1時間も2時間も滑走路をダラダラゆっくり走っていたら、
いつまで経っても離陸できないですよね?(^^;;

そうこうしている間に、ガソリンが無くなって結局、フライト未遂。

それと同じです。

 

期限を決めて、計画に落とし込み、
そこまでに行動の圧をグッとかけて、一気にやる。

新たなスキルを習得したければ、
ダラダラやらずに、短期集中でギュッとやる。

その機会として、同期の仲間と量稽古できる「養成塾」は
習得が早いのは、当然のことです。

グッと行動の圧をかける環境づくりも工夫したいものです。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」
▶︎伝えるだけでは足りない!正直に「伝え続ける」ことの大切さとは?

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
1,114
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >