コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

企画に仲間を巻き込む際に必要なこととは?

102

2024.02.04 執筆者:和仁 達也

大きな企画を成功させるには、一人でやれることには限界があります。
よって、その企画に人を巻き込むことが大切ですが、そこには
ある準備が必要です。今日はそのヒントを紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしが代表を務める日本キャッシュフローコーチ協会の
メンバーの1人から、相談がありました。

それは、「新企画を考えたので、会員のみんなに
呼びかけて募集して良いか?」というものでした。

このコミュニティは「自立性と主体性の発揮」を重要視しているので、
このような提案はわたしとしては大歓迎です。

ただその時は、1つ気にかかることがあり、
それをフィードバックしました。

それは「着眼点とアイデアはユニークだけど、
1つ大切な盲点に気づいた」からです。

そしてこの点は、組織内で提案を出す意欲的な人ほど
知っておきたいことなので、その人に伝えたことをシェアします。

(ここから)
↓↓↓

「伊藤さん(仮名)、着眼点はとてもユニークだと感じます!
気がかりは1点。『正当性』をいかに周りに感じてもらうか、です。

つまり、『なぜあなたには、その企画を発案して、
とりまとめる資格や力があるのか?』の問いへの答えが、
ちゃんとあるか、です。

これは、伊藤さんに限らず、会員が協会全体に対して
広く企画を発動してリーダーシップをとるとしたら、
以下の2つが求められる、とわたしは考えています。

1・発案者がその案件を、実際に仕事として複数件やって、
確かな手応えを得ていること(単なる思いつきレベルではないこと)

2・この案を呼びかけたときに、
「◯◯さんの呼びかけなら、参加しよう!」となるよう、
日頃からCFコーチの仲間たちと接触頻度があり、
よい影響力の発揮をしていること

この視点で俯瞰してみたとき、いかがでしょうか?

もし、そこがまだクリアされていない段階だとしたら、
せっかくの良いアイデアも正当に広がらず、
機会損失となる恐れがあるんじゃないでしょうか。

それは、勿体ないですよね。

だとしたら、いきなり協会全体への呼びかけではなく、
まずは同期のメンバーなど伊藤さんが深い関わりが
ある人たちに声がけして、“小さく始めて大きく育てる”のが
スムーズなんじゃないかな、と思います。

また、並行して今から同期以外のCFコーチとの接触頻度を
Facebookや協会のイベントなどで作っていくといいですね。

いずれにせよ、着眼点と発想はとてもユニークなので、
発展の可能性は全然ありますよ!

そして、積極的な提案、うれしいです」

↑↑↑
(ここまで)

人を巻き込んで企画を発動する時は、
「企画の魅力」プラス「関係性の構築」が大切ですね。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎能力や行動力に頼らず成果を生む着眼点とは?

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
102
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >