コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

忙しさに流されず、時間を生み出す秘訣

128

2024.07.04 執筆者:和仁 達也

ある頃から、3月少しゆったりした1カ月を過ごしています。

具体的には、訪問型の個別コンサルティングや
日本キャッシュフローコーチ協会のいくつかのZoomミーティング
などはいつも通り行いますが、10数件のZoomコンサルティングを
クライアントの快諾をいただいて1カ月限定でお休みして、
出張セミナーも入れないことにしました。

名付けて「ほぼオフ月間」です。

これにトライした理由は、
「積極的に空白をつくる」ことで何が得られるか?
を知りたかったからです。

わたしの性格上、空いている時間があれば、即効で埋めていきます。
そして年々そのペースは高速化しています。

なので、その時間の流れをいったん断ち切って、
積極的に空白の時間をつくったら一体どうなるのか、
を試してみたくなったのです。

その結果、どんなことがあったか、をお伝えしたいと思います。

まず、失ったものは「仕事を入れなかった分の売上が減った」こと。

1カ月分のZoomコンサルティングの報酬と、
お断りした講演依頼の売上は、当然ながら減りました。

では、その見返りとして、どんなリターンがあったか
というと、次の通りです。

1.久しぶりにセミナーをする側ではなく、
受ける側にまわり、インプットができた。
(コンテンツサイトの効果的な作り方について学び、コンサル依頼もした)

2.なかなかゆっくり話せずにいた友人・知人と食事をした。

3.家族と一緒に過ごす時間が増えた。
(娘の部活の発表やスクールの見学をしたり、
妻とショッピングや映画に行く、など)

4.ランニングの月間走行距離が、昨年同月86kmに
対して125kmと1.5倍に伸びた。

5.先々の講座やセミナーの資料づくりを前倒しで
取りかかり、身軽になった。

6.創造意欲にまかせて、様々なセールスレターを大量に書けた。

8.事務局体制を再構築するための準備
(マニュアルづくり、打合せ)にエネルギーを注げた。

こうやって振りかえってみての結論は、
「積極的に空白をつくって正解だった」ということです。

なぜなら、失ったものは十分に晩回可能で得たものの方が大きく、
人生をより豊かにしてくれるものだったからです。

この経験を経て、今では8月と12月も同様のことをトライしています。

積極的に空白をつくる価値、試してみてはいかがでしょうか。

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎時間がない!と混乱する前にすべきこと。

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
128
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >