コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

パートナー型コンサルタントの あり方・やり方

時間がない!と混乱する前にすべきこと。

147

2023.11.18 執筆者:和仁 達也

今日は、「時間がない!」と慌てることが多い人に
向けて、”あること”を見落としていませんか、という
問いかけをしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「忙しくなってきて、最近休みも取りにくくなり、
楽しみにしていたセミナー受講もキャンセルすることが増えてきました。
時間がないんです。業務の整理をしなきゃいけないと思うんですが、
何から手をつけたらいいでしょうか?」

これは仕事が順調になってくると、誰もが通る道かも知れませんね。
わたしも独立当初はそうでした。

このような時に、ほとんどの人は

「緊急性の高い仕事をとりあえず着手し続けた結果、
気がつけば余裕のあったはずの仕事がいつの間にか
緊急性の高い仕事に変わっていて、
休み返上でやっつけ仕事で片付ける」

ことになりがちです。

それも、「万一に備えて処理するための予備日」を
確保している人はまだ良いのですが、それすらも埋まっていくと、
いよいよ業務の整理が必要になってきますね。

業務の整理とは、「何をやめて、何をやるか」を決めること。
ただ、それを考える前にやっておきたいことがあります。

ちなみに、このような人に次の質問をすると、
ほとんどの人がNOと答えます。

「人とのアポやセミナーなど時間が決まっている業務
【以外】のデスクワークや調べ物の時間を予算化して、
スケジュールに書き込んでいますか?」

つまり、デスクワークをいつ、どの時間帯にやるか、を
スケジュール帳に入れずに宙ぶらりんになっているのです。

頭の片隅には「いつか、やらなきゃ」とひっかかっているのですが、
それがスケジュール帳に書き込まれるまでは、放置。

そして、期限目前になってからはじめてTO DOリストに書き込まれます。

だったら、最初からスケジュール帳に入れておいたらどうでしょうか。

「後で移動可能なデスクワーク」として、「仮で」書いておく。
その日になってやれるならやるし、無理なら別の日にズラすだけ。

そこで必要なのが「時間見積もり」です。

時間見積もりとは、「そのデスクワークをやるのに何時間かかるか?」
を予測して数値化すること。

たとえば、「このセミナーのテキスト作成は、少なくとも3時間、
最大5時間で仕上げよう」という具合です。そうすれば、
その3時間なり5時間をどの日のどの時間にやるか、を決めやすくなります。

この時間見積もりは、はじめは訓練が必要ですが、
もし組織のメンバー全員がこれを習慣化できれば
確実に生産性はアップします。

ピンと来た人は、試してみてはいかがでしょうか。

 

「さらに理解を深めたい人はこちらの記事もオススメ」

▶︎“重要だけと緊急ではないこと”の時間確保法。

新刊出版のお知らせ

画像をクリックすると動画に飛びます。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
147
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書に「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」他多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >