コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書コンサルタント&士業が納得の高額報酬で長期契約が続く オンライン版 コンサルタントの教科書

上司と部下のコミュニケーションギャップを解消するコミュニケーション術

スタッフに読んでほしい記事回覧には、必ず“意図”を書き添える。

516

2021.01.07 執筆者:和仁 達也

雑誌で紹介されていた記事を、参考資料として
院内で回覧することってありますよね。

これ、ちょっとした言葉足らずで、スタッフを不要に
戸惑わせることがあり、気をつけたいところです。
今日はそれを回避する考え方をお伝えします。

先日、ある雑誌で、新幹線のワゴン販売員の仕事ぶりの
記事が紹介されていました。

その方はアルバイトなのですが、
他のスタッフの4倍もの売上を上げるそうです。

私たちがお客として新幹線に乗っているとき、
ワゴン販売員の仕事ぶりにさほど違いがあるようには思えません。

それなのに、なぜ4倍の売上の差になるのか?

記事を読んでいくと、

「お客さんの服装を見て、暑そうなら冷たい飲み物、
寒そうならホットコーヒーを多めに準備」

「弁当を選ぶ時間を短縮して、たくさんのお客さんを廻るために、
弁当の中身を写真にとって、見せる」

「となりの人にもついでに買わせるひと声をかける」

など、ありとあらゆる工夫の積み重ねた結果なのだそうです。

その記事に感銘を受けたある院長が、
その雑誌のコピーをスタッフに回覧しました。

「みんな、刺激を受けたり、勇気づけられたりするだろうな~」

という院長の期待とは裏腹に、あるスタッフが私にこっそりこう言いました。

「この雑誌を院長が読むように言われる意図は、何なんでしょうか?」

そのスタッフは、ちょうど数日前に院長に仕事上のミスで
数回、叱られ続けた経緯がありました。

そのため、この記事が自分に対するあてつけ(嫌味)
のように受け取ったようなのです。

そのとき、私は

「置かれている環境やタイミングによって、
人の受け止め方は様々だ。

参考資料を回覧したり、人に読ませるときは、
必ず“意図”を書き添えるべきだな」

と学びました。

ちなみに院長の意図は、

「一見、工夫の余地がなさそうな仕事でも、
意識の持ち方次第で、成果も変わり、
結果としてスタッフの待遇も改善される。

だから我々も、日常の仕事にどんな工夫ができるかを
追求していきたいものだ」

というものでした。

だったら、

「これを参考にして、我々の仕事でとり入れられるアイデアを
1つ以上、今度のミーティングで発表して」

と書き添えておけばよかったかも知れませんね。

伝えたい意図、明確にしておきたいものです。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらSNSで共有してくださいね!
516
  • 和仁 達也

    ビジョンとお金を両立させる専門家、ビジョナリーパートナー。1999年に27歳で独立、月1回訪問・月額30万円以上の顧問先を複数抱える。継続期間は平均10年で、20年以上の支援先も。この高額報酬で長期契約が続く【パートナー型】コンサルティングを学びたいコンサルタントや士業が養成塾や合宿に1,000人以上参加。2015年に日本キャッシュフローコーチ協会を設立。CFコーチの育成と普及に注力。著書多数。

和仁達也がメールセミナーで直接指導!

顧客リストなし独立1年目
コンサルタントでも
理想のクライアントと出会える!
全5回のメールセミナー(無料)でお伝えします。
詳しくはこちら >